ゆうちょ銀行の失態が止まらない。

 NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」や、「PayPay」など外部のキャッシュレスサービスと連携した口座から預金が不正に出金された事件に続いて、自社のVisaプリペイドカード「mijica(ミヂカ)」でも不正な送金が発覚した。

 不正利用者は8月8日、9月6日、9月15日、カードの利用者になりすまして、犯罪者側のカードにお金を不正に送った。被害は54人、約330万円。mijica以外の外部のキャッシュレスサービスの被害も、当初の3倍以上となる約380件、約6000万円(9月22日時点、利用者の申告ベース)に膨らんだ。

 外部サービスとの連携だけでなく、自社サービスでもセキュリティーの甘さが露呈した。ゆうちょ銀の池田憲人社長は9月24日に開いた記者会見で、「キャッシュレス決済サービスに関する総点検」を表明せざるを得なくなった。

9月24日の記者会見で、謝罪するゆうちょ銀行の池田憲人社長
9月24日の記者会見で、謝罪するゆうちょ銀行の池田憲人社長

 新たに不正送金が明らかになったmijicaは、ほかの銀行にない一風変わったサービスだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2935文字 / 全文3390文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ドコモショック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。