(写真:西村尚己/アフロ)
(写真:西村尚己/アフロ)

 「ドコモショック」がキャッシュレス業界に深刻な打撃を与えている。

 NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」に端を発した銀行の預金流出の被害が膨らんでいる。ゆうちょ銀行では9月16日夕の109件約1800万円から、翌17日夜には136件2150万円に増えた。

 セキュリティーの甘さを批判する声が高まる中、ゆうちょ銀行の田中進副社長は16日の記者会見で、「(キャッシュレス)事業者には、2要素認証を強く導入していただきたいとお願いしていた」と発言し、物議を醸している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3639文字 / 全文3907文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ドコモショック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。