NTTドコモが提供する電子決済サービス「ドコモ口座」を悪用した預金流出事件を発端に、キャッシュレス業界が揺らいでいる。消費増税に伴うポイント還元事業で普及を急ごうとしていたが、コロナ禍で対面の少額決済が減少したところにセキュリティー不安が重なった。銀行など伝統的な金融機関と、新興フィンテック事業者が縄張り争いにかまけて、セキュリティーの抜け穴を見過ごしてきた面は否めない。「ドコモショック」の行方を追う。(写真:西村尚己/アフロ)