首都圏で人の移動が停滞している要因の1つは、2020年の初めから日本を襲ったコロナ禍だ。テレワークの常態化によって、自宅数キロメートル圏内という狭いエリアで暮らす人も増加中。ビジネスエリアと居住エリアの分断は、双方に様々な経済的影響を及ぼし始めている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2024文字 / 全文3836文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題