新型コロナの感染拡大を受け、世界中で広がった「大盤振る舞い」。OECDによると、2021年の公的債務残高は19年比12兆ドル増えて81兆6000億ドルに膨れる。コロナによって世界の公的債務が2割積み上がる格好だ。困っている人を助けて秩序を守るのが社会、国家の務めとはいえ、たがが外れては逆に秩序を乱すことになる。withコロナ時代のマネーとの付き合い方を考える。(写真:PIXTA)