新型コロナウイルスの感染拡大により、在宅勤務によるテレワークが当たり前になり、様々な局面で接触を減らす努力がなされるようになった。変化を余儀なくされる中で浮かび上がってきたのは、デジタルを使いこなせていない日本の姿だ。特別定額給付金を巡る混乱や押印のための出勤など、デジタル化を真剣に進めていれば、容易に解決できた問題も多い。海外ではデジタル化を感染拡大防止や経済回復に効果的に利用できている例もある。この機にデジタル化に取り組まなければ、日本の国力は落ちる一方だ。