総合商社の三井物産は12月23日、2021年4月1日付で安永竜夫社長が退任し、堀健一専務執行役員が社長に昇格する人事を発表した。

 安永氏が社長に就任したのは15年4月。当時54歳で、役員の序列を「32人抜き」で昇格して話題になった。ただ、就任早々に同社初の赤字に転落するなど厳しい船出となり、構造改革に挑んだ。その成果はどうだったのか。

三井物産の次期社長に就任する堀健一専務執行役員(左)と、会長に就任する安永竜夫社長(右)(写真:的野弘路)
三井物産の次期社長に就任する堀健一専務執行役員(左)と、会長に就任する安永竜夫社長(右)(写真:的野弘路)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1789文字 / 全文1970文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「総合商社「冬の時代」に挑む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。