スマートフォンのチャットによる飲料販売、全米での生鮮食品配送サービス、国内最大級の化粧品ECプラットフォーム──。

 2019年6月に設立した丸紅のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)、丸紅ベンチャーズ(東京・中央)が投資したスタートアップだ。社長を務める福村俊宏(50歳)は、「あえて丸紅の既存事業から距離が遠いところへの投資を狙う」と語る。

 CVCは、自社事業とのシナジー(相乗効果)が期待できるスタートアップに投資する組織で、大手企業が自社の成長スピードを高める狙いでつくることが多い。福村は、「メーカーは自社製品とのシナジーを狙えばよいが、商社は自分たちが持っていない『ネタ』を取りにいくべきだ」と話す。

 総合商社が事業会社に投資すること自体は珍しくないが、あえて福村は本社から距離を取ったCVCの設立に奔走し、3割は外部の人材を招いた。社内でCVCに対する反対意見もあったが、「数年は何も言わないでください」と押し切った。

 福村自身、丸紅を一度退職し、その後戻ってきた「再入社組」だ。「総合商社は10年に1度の変革期を迎えている。外から来た人間も分け隔てなく、力を発揮する環境でなければならない」と言い切る。

丸紅ベンチャーズ社長の福村俊宏は一度丸紅を退職した再入社組だ

「のんびりしてよ」に我慢できず

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2677文字 / 全文3229文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「総合商社「冬の時代」に挑む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。