東京・麻布十番にある三井物産食料本部開発センター。センター長の伊藤尚洋(45歳)の前に、パティシエやパン職人が作った食パンやクロワッサン、チーズケーキが並んだ。

三井物産食料本部開発センター長を務める伊藤尚洋

 実は、このパンやスイーツには、三井物産の取引先であるハナマルキの主力商品「液体塩こうじ」が使われている。肉や魚の下味や、煮物やいため物の味付けなどに使う調味料として、スーパーなど小売店で人気だ。

 きっかけは、ハナマルキの社長から「主力商品の液体塩こうじの売り上げを今後どう伸ばしていけるか」と相談を受けたことだった。

 開発センターのメンバーは試作を重ね、こうじに含まれる酵素が素材のうまみを引き出し、パンやお菓子にも活用できることを見いだした。伊藤は食パンやチーズケーキを試食して、「乳味が引き立てられている」「チーズの味が濃厚になった」と液体塩こうじの効果を確認した。一般消費者向けだけでなく、食品メーカーなど業務向けとして売り出せる手応えを得た。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2128文字 / 全文2550文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「総合商社「冬の時代」に挑む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。