(写真:AP/アフロ)

 著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイは8月31日、日本の大手総合商社5社に5%超を出資したと発表した。日本の上場企業への本格的な投資は初めてとみられる。

 この日、米国株を中心に投資をしてきた「賢人」バフェットの出資が伝わると、5社の株価は大きく上昇。伊藤忠商事の終値は2723.5円となり、上場来高値を付けた。

 同社の鈴木善久社長は、「世界の金融市場から出遅れていた日本株、特に商社株に世界有数の投資家が関心を示したことは明るいニュース。日本の商社業界は大きな地殻変動が起きつつある。業界活性化の起爆剤になる」と歓迎した。

 商社に目を付けたバフェット氏の狙いは、どこにあるのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1571文字 / 全文1906文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「総合商社「冬の時代」に挑む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。