総合商社大手の丸紅は1月26日、北米の穀物事業子会社ガビロンの売却と、関連事業の再編を発表した。丸紅は2013年、同社を約2700億円かけて買収。「和製穀物メジャー」を目指す橋頭堡(きょうとうほ)として話題を呼んだが、穀物価格の低迷などによる業績不振が悩みの種となっていた。一方、足元では世界的な商品市況の回復で、ガビロンにもたらす利益は膨らんでいただけに競合からは驚きの声も上がる。今、手放す理由とは。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2306文字 / 全文2524文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「総合商社「冬の時代」に挑む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。