伊藤忠商事の次期社長に就任する石井敬太専務執行役員
伊藤忠商事の次期社長に就任する石井敬太専務執行役員

 伊藤忠商事は1月13日、鈴木善久社長COO(最高執行責任者、65歳)が代表権のない副会長となり、石井敬太専務執行役員(60歳)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。石井専務は、化学品畑が長い。岡藤正広会長CEO(最高経営責任者)は留任する。

 同じ日の午後、伊藤忠子会社のファミリーマートは3月1日付で澤田貴司社長の後任に、伊藤忠の細見研介執行役員(58歳)が就く人事を発表した。細見氏は岡藤会長と同じく繊維事業出身で「伊藤忠の社長候補」とも目された人物。対する石井氏は「今まで(社長の後継に)名前も挙がったことがない」(石井氏)という。

 この人事の裏には、何があるのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1831文字 / 全文2136文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「総合商社「冬の時代」に挑む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。