新型コロナウイルスの猛威は、日本が抱える様々な課題や欠陥を明らかにしました。世界の秩序が変わろうとする中、どうすれば日本を再興の道へと導けるのか。シリーズ「再興ニッポン」では、企業トップや識者による意見・提言を発信していきます。今回は星野リゾートの星野佳路代表です。

星野リゾートの星野代表。「地元客に小さな旅を楽しんでもらうマイクロツーリズムを提唱して、真剣に取り組んだことが大きかった」という
星野リゾートの星野代表。「地元客に小さな旅を楽しんでもらうマイクロツーリズムを提唱して、真剣に取り組んだことが大きかった」という

 観光業は外食と並びコロナ禍で受けている打撃が大きい。地域の経済を支えているケースも多くその影響は深刻だが、Go To トラベル キャンペーンなどによって、状況は少しずつ変わりつつある。星野リゾートの星野佳路代表に観光産業の現状や課題を聞いた。

コロナ禍で観光業の苦境が続いています。

星野佳路氏:星野リゾートは45の施設を運営していますが、4、5月は大変な状況でした。しかし、このうちの4分の3の施設については需要が戻りつつあります。6月に入って少しよくなり、7月はさらによくなり、8月の集客は昨年並みに戻っている。

客足が昨年並みまで戻ってきたのは何が理由でしょうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5540文字 / 全文5991文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「再興ニッポン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。