中国共産党が「新経済5カ年計画」の草案を明らかにした。中国経済に詳しい、柯隆・東京財団政策研究所主席研究員は「30%に及ぶ貯蓄率と富裕層をてこに内需を拡大させる」計画と読み解く。その実現は容易ではない。「消費刺激のため利下げすれば金融危機につながりかねない」。「真の失業率は50%に及ぶ」中国経済は危機的状況にあるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1433文字 / 全文4260文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「森 永輔の世界の今・日本の将来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。