全2973文字

米大統領選挙の決着がつかない。トランプ大統領が票の数え直しや法廷闘争に言及しており、最終決着には時間がかかりそうだ。ただし、米国政治と日米関係に詳しい川上高司・拓殖大学教授は「どちらが勝っても日本にとっては茨の道」と見込み。それは、なぜか。この回ではバイデン氏が勝利した場合を考える。

(聞き手:森 永輔)

「日本を待ついばらの道、トランプ勝利なら米朝関係正常化も」はこちら

バイデン氏が勝利すれば、ウィルソン主義の勝利となるのだが……(写真:AFP/アフロ)

民主党のジョー・バイデン前副大統領が勝利した場合、その勝因はどこにあると言えそうですか。

川上:米国の良識派が力を発揮したということだと思います。米国には2つの顔があります。1つは、自由と民主主義、そして人権と国際協調と理念とするウィルソン主義の顔。もう1つは、白人を中心とする神の国をつくるというジャクソン主義の顔です。後者は米国内の平和と繁栄を優先する考えにつながります。

川上 高司(かわかみ・たかし)氏
拓殖大学教授
1955年熊本県生まれ。大阪大学博士(国際公共政策)。フレッチャースクール外交政策研究所研究員、世界平和研究所研究員、防衛庁防衛研究所主任研究官、北陸大学法学部教授などを経て現職。この間、ジョージタウン大学大学院留学。(写真:大槻純一)

力を伴わなければ理想は実現できない

 2つの顔の強弱は定期的に変化しており、どちらかが強く出ることでその時々の米国、米政権を性格づけてきました。しかし今は両者が同時に表れている。前者のウィルソン主義勢力の象徴と位置づけられるのがバイデン氏、後者の象徴であるのがトランプ大統領です。

 2016年の大統領選に続いて今回も存在感を発揮している「隠れトランプ」*の向こうをはるわけではないでしょうが、「隠れバイデン」が声を上げた面もあるでしょう。政策においてトランプ大統領を支持する人の中にも、同大統領の政治手法に嫌気が差した人がいると思います。史上、最も米国らしくない大統領であるトランプ氏の、強権的な政治手法に対する怒りが、バイデン氏の得票に投影された。

*:ここではQアノンなど「米国はディープステート(影の政府)に支配されている」「オバマ前大統領がクーデターを企てている」といった極右の陰謀論を信じる人々を指す。トランプ大統領をこれらの陰謀と戦う英雄として支持している