中国共産党大会の閉幕式。李克強氏(中央)と汪洋氏(左)が最高幹部から引退する。習近平氏(右)は続投し、習政権は3期目に入る(写真:AFP/アフロ)
中国共産党大会の閉幕式。李克強氏(中央)と汪洋氏(左)が最高幹部から引退する。習近平氏(右)は続投し、習政権は3期目に入る(写真:AFP/アフロ)

3期目に入る中国・習近平(シー・ジンピン)政権のトップ人事が決まった。李克強(リー・クォーチャン)氏をはじめとする共産主義青年団(共青団)系の有力者はすべて排除され、「習天下」とも呼べる環境になった。習近平氏は「強さ」と「安全」にこだわる。今後も米国に並ぶ「強い」存在となることを目指す。台湾武力統一は「常識」で考えれば起こりづらい。しかし、米中それぞれの言動が他方を刺激する悪循環はエスカレートする一方だ。中国政治に詳しい興梠一郎・神田外語大学教授に聞いた。

(聞き手:森 永輔)

3期目の習近平政権のトップ人事が10月23日に決定。中国共産党中央委員会政治局常務委員7人のすべてを、習近平総書記および同総書記と関係の濃い人物が占める形になりました。同時に、年齢制限に関する「七上八下」の慣例を破ったことが注目されています。

*:党大会のときに、67歳以下は続投、68歳以上は引退するというもの

興梠一郎・神田外語大学教授(以下、興梠氏):今回、69歳の習近平氏が留任する一方で、67歳の李克強氏が引退することが決まりました。しかし、年齢制限の慣習は過去に幾つも例外があるので、大きな話ではありません。

興梠一郎(こうろぎ・いちろう)
興梠一郎(こうろぎ・いちろう)
神田外語大学教授。専門は現代中国論。1959年生まれ。九州大学経済学部卒業後、三菱商事中国チームにて勤務。カリフォルニア大学バークレー校修士課程修了、東京外国語大学大学院修士課程修了。外務省専門調査員(香港総領事館)、外務省国際情報局分析第二課専門分析員、参議院第一特別調査室客員調査員を歴任。2006年から現職。著書に『中国 目覚めた民衆 習近平体制と日中関係のゆくえ』など。(写真:加藤 康、以下同)

次ページ 実は1期目から狙っていた「習天下」