全4312文字

EU首脳会議を受けて、英首相官邸は「(英EU自由貿易協定の)交渉は終わった」との意向を示した。欧州政治に詳しい、慶応義塾大学の庄司克宏教授は「これはブラフ。11月上旬までに何らかの妥協が成立する」と分析する。それはなぜか。理由は大きく3つある。(聞き手:森 永輔)

ジョンソン英首相はEUから何を得ようとしているのか(写真:AP/アフロ)

先週10月15日のEU(欧州連合)首脳会議を受けて、英首相官邸は「(英EU自由貿易協定の)交渉は終わった」との意向を示しました。これは本気の発言なのか、ブラフなのか、庄司さんはどう評価しますか。

庄司:私はブラフだと思います。英国がEUとの「自由貿易協定なし(ノーディール)」とした場合、より大きな経済的打撃を受けるのは英国ですから。英国は貿易において、輸出で45%、輸入で52%、EUに依存しています。そして、英国からEUに輸出する自動車には10%、牛肉や羊肉(ラム)には40~100%の関税が課されるようになります。

庄司克宏(しょうじ・かつひろ)
慶応義塾大学大学院法務研究科教授、ジャン・モネEU研究センター所長。1957年生まれ。慶応義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。専門はEUの法制度と政策。主な著書に『欧州連合』『欧州ポピュリズム』『ブレグジット・パラドクス』がある。(写真:的野弘路)

 「交渉は終わった」と語ったのが、ボリス・ジョンソン英首相本人ではなく、首相官邸だったこともブラフであることを裏付けています。同首相自身がこのような発言をすれば、後戻りが難しくなります。官邸スタッフの発言なら撤回するのがずっと容易です。

ジョンソン政権は、ここで強気の発言をすることで何を得ようとしているのでしょう。

庄司:同一競争条件(level playing field)をめぐってEUが求める条件を回避することです。

 EUは環境、労働、補助金における規制のレベルを合わせることで貿易における競争条件を同じにするよう英国に求めています。例えば、EUを離脱した英国が環境に関する規制を一方的に緩和して低価格の製品を作り、それをEUに輸出するようになっては困りますから。

 一方、英国は「関税などの貿易条件は、EUがカナダや日本と結んだFTA(自由貿易協定)と同等でかまわないので、同一競争条件を厳しく求めるのをやめてほしい」と要求してきました。EUの要求を受け入れれば、EU離脱(Brexit)の目的の1つである「主権を取り戻す」を実現できないことになってしまうからです。

ジョンソン政権の失策で、EUは一層かたくなに

 英政府が「国内市場法案」を議会に提出し下院が可決したことが、同一競争条件をめぐるEUの姿勢を一層厳しいものにしました。同法案には、英EU間でFTAが締結できない場合、英領北アイルランドに関する両者の合意を、英国が一方的に反故(ほご)にできるようにする条項が含まれています。

合意とは、英領北アイルランドを、①EUの関税同盟と、②物品貿易におけるEU単一市場に実質的に残す、というものですね。

庄司:そうです。英国のこうした一方的な姿勢に不安を感じたEUは、同一競争条件をめぐる規定が守られなかった場合の紛争解決手段や、EUが制裁措置を取れるようにする条項を英EU自由貿易協定に盛り込むことを重視するようになりました。

 同法案の提出は、ジョンソン政権の失敗だったと思います。EUとの交渉材料にすべく持ち出したのでしょうが、逆にEUの姿勢を硬化させることになりました。