「グローバル化が生み出した米中対立は、今後も悪化の一途をたどる」。呉軍華氏はこう展望する(写真:AFP/アフロ)
「グローバル化が生み出した米中対立は、今後も悪化の一途をたどる」。呉軍華氏はこう展望する(写真:AFP/アフロ)

9月29日、日本と中国は国交正常化50年を迎える。当時、中国にとって「見上げる」存在だった日本は、今や「見下ろす」存在となった。それはなぜか。なぜ中国経済が飛躍的な成長を遂げる隣で、日本は劣化の道を歩んだのか。日本はこれから中国といかに付き合っていくべきか。日中関係と米中関係を長年研究してきた、日本総合研究所の呉軍華・上席理事に聞く。

(聞き手:森 永輔)

日本と中国の関係はこの50年間、中国から見てどのように推移してきたのでしょうか。

呉軍華・日本総合研究所上席理事(以下、呉氏):1972年に日本と国交を正常化した中国にとって、日本は仰ぎ見る存在でした。「美しいお月様」を見る感覚に近かったと思います。私は80年代半ばに東京大学の大学院に留学しました。アジアにはアジア的な近代化モデルがあるはずで、その神髄を日本で学べると思ってのことでした。

 ところが、中国がその後に経済成長を始め、政治的にも軍事的にもパワーを大きく増強するにつれて、視線の角度は「見上げる」から「水平」に、そして「見下ろす」と変わってきました。上から目線に変わったのは、2008年のリーマン・ショックで傷ついた世界経済の回復に大きな役割を果たし、10年にGDP(国内総生産)で日本を追い抜いた頃からだと思います。中国は大きな自信を身に付けました。

呉軍華(ご・ぐんか)
呉軍華(ご・ぐんか)
日本総合研究所上席理事。中国復旦大学外国語学文学学部卒。東京大学大学院総合文化研究課博士課程修了。1990年に日本総合研究所に入社。香港駐在事務所長、日綜(上海)投資諮詢有限公司総経理などを歴任。中国の政治経済、米中関係が主な研究テーマ。共著書に『中国:静かなる革命』『オバマのアメリカ』など

次ページ グローバル化で伸びた中国、縮んだ日本