台湾をめぐる緊張が高まっている。しかし、台湾の人々の反応は日本とは異なるという。東京外国語大学の小笠原欣幸教授は「台湾の人々は危機感を大きく高めてはいない」と指摘する。その3つの理由とは。

(聞き手:森 永輔)

台湾に渡った蒋介石は、台湾の人々に「中国共産党は悪。我々はそれに絶対に屈しない」と説き続けた(写真:AP/アフロ)
台湾に渡った蒋介石は、台湾の人々に「中国共産党は悪。我々はそれに絶対に屈しない」と説き続けた(写真:AP/アフロ)

安全保障の専門家に取材すると、台湾有事の話題が頻繁に持ち上がります。なぜいま台湾に注目が集まるのでしょう。

小笠原欣幸・東京外国語大学教授(以下、小笠原):中国が、台湾当局との「話し合い」による平和統一が進まないので、「武力による威嚇」をてこにした統一に舵を切ってきたからです。これは「強制的平和統一」と言えると思います。

<span class="fontBold">小笠原欣幸(おがさわら・よしゆき)</span><br />東京外国語大学教授。専門は比較政治学、台湾研究。<br />1958年生まれ。1981年、一橋大学社会学部卒業。1986年、同大学大学院社会学研究科博士課程終了(社会学博士)。東京外国語大学の専任講師、助教授を経て、2020年から現職。この間に、英シェフィールド大学や台湾国立政治大学で客員教授を歴任。 主な著書に『中国の対台湾政策の展開―江沢民から胡錦濤へ』(共著)、『台湾総統選挙』(単著)など。 (写真:加藤康、以下同)
小笠原欣幸(おがさわら・よしゆき)
東京外国語大学教授。専門は比較政治学、台湾研究。
1958年生まれ。1981年、一橋大学社会学部卒業。1986年、同大学大学院社会学研究科博士課程終了(社会学博士)。東京外国語大学の専任講師、助教授を経て、2020年から現職。この間に、英シェフィールド大学や台湾国立政治大学で客員教授を歴任。 主な著書に『中国の対台湾政策の展開―江沢民から胡錦濤へ』(共著)、『台湾総統選挙』(単著)など。 (写真:加藤康、以下同)

 「中国による統一の拒否」は台湾の圧倒的多数の人々の考えになっています。最新の世論調査をみると「現状維持」を望む人が55.7%、「独立志向」の人が31.4%で、合わせて87.1%が「統一拒否」です(図を参照)。独立志向は、中国政府が香港で民主派を弾圧したのを受けて、2018年の20.1%から2021年の31.4%に大きく跳ね上がりました。

台湾民衆の統一・独立の傾向(2021年上)
台湾民衆の統一・独立の傾向(2021年上)
出所)国立政治大学選挙研究センター
[画像のクリックで拡大表示]

 現在の蔡英文(ツァイ・インウェン)政権の与党・民進党はそもそも「統一」を拒否。民意を知る野党・国民党も「統一」を封印しています。

 中国が「話し合い」に代えて力を入れ始めたのが「武力による威嚇」です。経済力の拡大を背景に、中国は軍事力を大きく増強しました。米国の介入がないと仮定するならば、中国は台湾を圧倒する軍事力を既に保有しています。これを見せつけ、台湾の抵抗心をくじき、「統一やむなし」との世論を醸成しようとしているのです。

強大な軍事力を見せつけるために、台湾周辺で軍事演習を繰り返しているのですね。

小笠原:そうです。そして、その中国の動きに対して、日本も米国も警戒感を高めることになりました。

続きを読む 2/2 武力による威嚇にも台湾世論が平静保つ3つの理由

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り947文字 / 全文1831文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「森 永輔の世界の今・日本の将来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。