全4644文字

自民党が、イージス・アショアの代替案と、「相手の領域内でも攻撃を阻止する能力」の検討を政府に求める提言を行った。中心となった小野寺五典・元防衛相は阻止能力について「ミサイル攻撃に対処するには、『盾』の位置を変える必要がある」と説く。「この能力は日本の技術でより安く開発できる」

(聞き手 森 永輔)

自民党は8月4日、小野寺さんたちが中心となって、「抑止力」をテーマとする提言を政府に提出しました。河野太郎防衛相が6月15日、イージス・アショア配備計画の停止を明らかにしたのが契機でした。提言の最初の項目が「イージス・アショア代替機能の確保」となっています。どのような代替案が最適とお考えですか。

 以下の3案が浮上しています。(1)レーダーと発射機の分離配備。レーダーは従来の計画通り地上の施設に配備。一方、迎撃ミサイルの発射装置は海上に置く人工浮島(メガフロート)や艦艇に配備する。(2)レーダーと発射機の両方を人工浮島などに設置。(3)イージス艦の数を増やす。

小野寺:イージス・アショアに代わるミサイル防衛システムを重視していますが、どのような代替案を選ぶかは防衛省・自衛隊の専門家に任せるべきだ、と考えています。彼らが最も詳しく、必要な情報を持ち、米国と協議してきたのですから。まずその提案を受けた上で、政治の場でしっかり議論したいと思います。

小野寺五典(おのでら・いつのり)
衆院議員。1983年に東京水産大学を卒業、1993年に東京大学大学院法学政治学研究科を修了。宮城県庁、松下政経塾、東北福祉大学助教授などを経て、1997年、衆院議員に初当選。以降、外務大臣政務官、外務副大臣、防衛大臣などを歴任。現在は自民党安全保障調査会長を務める(写真:新関雅士)

イージス艦には「海の守りの要」の役割を

 我々が提言で重きを置いたのは、次の2つです。1つは、代替機能を「確保すべく、早急に検討を行い、具体案を示すべき」こと。北朝鮮はミサイルの能力を着々と高めています。今の状況を放置してすむ時間的余裕はありません。

 ただし、代替案を考えるに当たっての絶対条件があります。イージス艦に負担をかけないことです。イージス艦は南西諸島を含む海の守りの要です。しかし現在の体制では、北朝鮮がミサイルを撃つ兆候が表れると、日本海方面に移動しこれに対処しなければなりません。すると、南西諸島防衛など本来の役目がおろそかになりかねません。今も、海の脅威に変わりはないのです。中国もロシアも日本の近海でさまざまな活動をしています。

そうだとすると、代替案はやはり何らかの陸上設備になりますね。

小野寺:それは一案です。もしくは海上に専門の装備、専門の部隊の設置を考える。いずれにしろ、イージス艦が本来の役目を果たせる体制をつくる必要があります。

防衛省の地元説明員の責任は重い

 イージス・アショア停止に関する提言の第2は、なぜ今回の停止に至ったのか、国民にしっかり説明することです。イージス・アショアの配備候補地で地元の住民に説明する部署が機能していませんでした。

 米国と十分な協議をしないまま、山口県むつみ演習場の地元の皆さまに、迎撃ミサイルの「ブースターは演習場の中に確実に落下させる」と説明していました。「最大限、安全に配慮する」とお願いすべきだったのです。どんな問題であれ100%ということはあり得ないのですから。地元説明に当たった職員の罪は重いと考えます。秋田での説明会では、居眠りする職員もいましたし。