日本の首相(および首相を務めた人物、以下「首相」とする)が公衆の面前で暴漢に襲われ、命を落とす――。あってはならないことが起きた。

安倍晋三元首相は7月8日、奈良市内で参院選の街頭演説中に銃撃され、帰らぬ人となった(6月24日に北九州市で撮影、写真:共同通信)
安倍晋三元首相は7月8日、奈良市内で参院選の街頭演説中に銃撃され、帰らぬ人となった(6月24日に北九州市で撮影、写真:共同通信)

 首相襲撃事件というと、1932年(昭和7年)に起きた五・一五事件や36年(昭和11年)の二・二六事件が思い浮かぶ。しかし、この2つの事件は海軍や陸軍の軍人によるクーデターで、かなり特殊な事例だ。今回とは様相が大きく異なる。五・一五事件で殺害された犬養毅首相(当時)も、二・二六事件で自身は難を逃れたものの義弟を失った岡田啓介首相(同)も首相官邸を急襲された。

 公衆の面前で一般人に襲われ大事に至った首相は、30年(昭和5年)に東京駅で襲われた浜口雄幸首相(同)に遡る。その前は、21年(大正10年)に東京駅で刺殺された原敬首相(同)だ。遡ること前者は約90年、後者は約100年の昔となる。

 ロシアによるウクライナ侵攻を目にした記者は、約80年前に舞い戻ったかのような印象を受けた。大国同士が戦争したのは30~40年代まで遡る。ウクライナで進行中の事態は、武力による戦争としてはウクライナ対ロシアだが、価値観や秩序を巡り、経済と外交を武器とする“戦争”は米国が主導する西側とロシアが戦っている。

令和の日本でこんなことが

 日本の首相が公衆の面前で襲われ命を落とす事態は、大国同士が戦争をした「昔」よりも、さらに昔のこと。そんな、歴史の教科書でしか目にすることがなかった事態が、平成を飛び越えて令和の日本で起こってしまった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1897文字 / 全文2542文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「森 永輔の世界の今・日本の将来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。