日本のみならず米本土も、ロシアが開発する極超音速滑空体の射程に入るということですね。

能勢:ええ、米ワシントンを飛び越えてしまうほどの射程です。サルマートは総重量208トンのうち178トンが燃料という代物ですから。しかも、アヴァンガルドは核弾頭を搭載するのが前提になっています。米国にとって非常に恐ろしい存在と言えるでしょう。

ウクライナに人々の目がくぎ付けになっている中、ロシアは3月にキンジャールを発射し、世界で初めて極超音速兵器を実戦に投入。4月20にはアヴァンガルドを搭載可能なICBM「サルマート」の発射実験に初めて成功。さらに5月28日にツィルコンの発射実験も実施しました。これに対抗するように、米国は5月14日、ARRWの発射実験を成功させた。極超音速兵器をめぐって両国はしのぎを削っている様子がうかがわれます。

北朝鮮がにらむ核搭載の極超音速兵器

能勢:日本に迫る極超音速兵器の脅威はロシアのそれにとどまりません。北朝鮮の動向が非常に気がかりです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1203文字 / 全文5660文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「森 永輔の世界の今・日本の将来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 経産省のGX戦略キーマンが直言 水素、アンモニア、原発…日本企業の勝機

 日本企業にとって、脱炭素政策への対応が重要な経営課題になっています。上場企業であれば、グローバル投資家からの支持を得るために脱炭素に資するビジネスモデルの構築が求められています。サプライチェーン全体で仕組みを整える必要があり、企業規模の大小にかかわらず対応が急務です。
 日経ビジネスLIVEは9月8日(木)19:00~20:00に「経産省のGX戦略キーマンが直言 水素、アンモニア、原発…日本企業の勝機」と題してウェビナーを配信する予定です。登壇するのは、経済産業省でエネルギー政策を長く担当した経験を持つ、製造産業局長の山下隆一氏。業界横断的な取り組みが必須のGXに向け、どんなエコシステムを目指すべきかについて解説します。ウェビナー後半では視聴者の皆様からの質問にお答えします。ぜひ議論にご参加ください。

■開催日:2022年9月8日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:経産省のGX戦略キーマンが直言 水素、アンモニア、原発…日本企業の勝機
■講師:山下隆一・経済産業省製造産業局長
■モデレーター:日経ビジネス編集委員・安藤毅
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。
>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。