空母ライクの護衛艦「いずも」を生かす

ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」「かが」を、最新鋭ステルス戦闘機「F-35B」を搭載できるように改修する作業が進んでいます。同機は、短距離離陸・垂直着陸が可能な仕様です。この取り組みは南西諸島防衛において役立ちますか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1444文字 / 全文6490文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「森 永輔の世界の今・日本の将来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。