甘利:そういう面はあると思います。それが表れている一例として、制定以来そのままになっている日本国憲法前文があります。

日本国憲法 前文の抜粋

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した

 われわれ日本人は自らの安全と生存を外国人に任せているわけです。このような文言を持つ憲法はほかにありません。とんでもない話です。

 この憲法は先の大戦の後、日本が占領されている間に、連合国総司令部(GHQ)主導で作成されました。つまり、日本の主権に基づいてつくったものではなく、連合国の占領政策を反映したものです。憲法は、日本の主権に基づいてつくるべきです。

どうすれば企業の意識が変わり、危機感が高まるでしょう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1073文字 / 全文5209文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「森 永輔の世界の今・日本の将来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。