阪神大震災で金融機関も大きな被害を受けた。お金は電気や水と同じライフラインだ(写真:首藤光一/アフロ)

1995年1月17日、大地震が神戸を襲った。電気は停止、交通網は寸断された。さまざまなライフラインやインフラが機能不全に陥る中で、「お金」というライフラインも危機にひんした。お金が滞れば略奪さえ起きかねない。日銀神戸支店は大震災に臨んで、3つの異例の措置を迷うことなく断行することで「お金」を守った。当時の支店長、遠藤勝裕氏に話を聞いた。(聞き手:森 永輔)

1995年1月17日、大地震が神戸を襲いました。朝5時46分。神戸の日の出は7時すぎですから、街はまだ暗闇の中にありました。震源は淡路島の北部、その規模はマグニチュード7.3。神戸の一部では最大で震度7を記録しました。

 死者は6434人、負傷者4万3792人。人的被害はこの時点で戦後最多に上りました。

 遠藤さんのこの日はどのように始まったのですか。

遠藤:単身赴任の社宅で寝ていたところを、激しい揺れにたたき起こされました。最初にドーンと来た縦揺れで体がベッドの上に跳ね上がり、着地すると思いきや、横揺れでベッドが移動し、私はその下に入り込むことになりました。

遠藤勝裕(えんどう・かつひろ)
日本銀行神戸支店・元支店長。
1945年生まれ。1968年に早稲田大学政治経済学部を卒業し、日本銀行に入行。青森支店長、神戸支店長、電算情報局長などを歴任し、98年に退任。その後、日本証券代行やときわ総合サービスの社長、日本学生支援機構理事長を務める。現在は東京都教育委員会の委員(写真:加藤 康、以下同)

 起き上がってみたものの、停電で何も見えません。ベッドサイドに置いておいた眼鏡も、たんすの上に置いておいた懐中電灯も、飛ばされてみつけられことができませんでした。

 食堂にろうそくがあったのを思い出しましたが、その明かりに近づくための明かりがありません。誰かが忘れていったライターをみつけられたおかげで、それを頼りになんとか食堂に移動しました。

 ライターの火の明かりが浮かび上がらせたのは室内の惨状。ガラスが飛び散っており、スリッパなしには歩けない状況でした。なんとかろうそくをみつけ出し火をともしましたが、胸に安堵感が訪れることはなく、頭の中を駆け巡ったのは、この後の行動のよすがとなる緊急時マニュアルのことでした。

 後になってガス会社の人に教わったのですが、このときライターやろうそくに火をつけたのは実は非常に危険なことでした。ガス漏れが起きていたら、爆発していたからです。

 さらに後で分かったことには、実はガス漏れが現実に起こっていました。3月に状況が落ち着き社宅に戻ると、ガス漏れ警報器が鳴るのです。しかし、目に見える異常は何もありません。ガスも通常通り使えます。そうこうするうちに私は異動で神戸を離れることになりました。ところが、ある日、私の次の次の神戸支店長から電話が入りました。「大震災で漏れたガスが地中にたまり、庭木を全て枯らしてしまった」というのです。ガス漏れ警報器は正しく機能していた。もし、漏れている場所が庭でなく室内だったら――いま思い起こしてもぞっとします。

続きを読む 2/4 何を置いても金庫を開け!

この記事はシリーズ「森 永輔の世界の今・日本の将来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。