全3000文字

豪雨災害で懸念されるのは、被災者が密集する避難所での新型コロナウイルス感染拡大だ。2014年に「建築のノーベル賞」と言われるプリツカー賞を受賞した建築家の坂茂氏は、「紙管」と「布」を使った間仕切りで、避難所生活の環境を改善するシステムの開発に注力してきた。坂氏は、「避難した家族の単位で空間を仕切ることで飛沫感染のリスクを抑えることができる」と説明する。実際、今回の令和2年7月豪雨でも熊本県人吉市などが同システムを導入している。豪雨防災と感染症対策。この難しい課題解決を両立するための取り組みについて、坂氏に聞いた。

避難所の生活を改善するために紙管と布を活用した間仕切りシステム「PPS(ペーパー・パーテーション・システム)」を開発されました。どのような仕組みなのでしょうか。

坂茂氏(以下、坂氏):体育館などに設けられる避難所は多くの被災者が生活します。プライバシーの確保は人権において必要最低限の要件ですが、避難所では雑魚寝(ざこね)する場合が多く、プライバシーがほとんどありません。誰かが寝ている脇を人が通ったり、避難所で腰を落ち着ける場所を巡って、いざこざも起こりやすい。そこで、紙管をフレームとして組み立て、布を掛けるだけで簡単に設置できるシェルターの開発を進めてきました。

どのようなきっかけで開発に取り組み始めたのでしょうか。

坂氏:04年に発生した新潟県中越地震では避難所に段ボールの小屋をいくつか設置しました。そこで被災された皆さんから避難所生活に間仕切りの必要性を聞きました。05年に福岡県西方沖地震の避難所で腰くらいの高さの段ボール壁の間仕切りを設置したのですが、プライバシーを保つには個室のような空間を簡易に設置する仕組みが必要だと分かりました。

 そこで、06年に私が教える慶応大学の研究室で紙管と布を使った間仕切りシステムを開発しました。多くの自治体に打診したのですが、前例のない仕組みのため、受け入れてもらえませんでした。世間に認知され始めたのは11年の東日本大震災からです。被災地を回って50の避難所に1800ユニットを設置しました。この活動資金は世界各国から集まった支援金によって賄われたのです。

坂茂(ばん・しげる)氏
建築家。1957年東京生まれ。84年米クーパーユニオン建築学部卒業。85年に坂茂建築設計を設立。2014年に「建築のノーベル賞」とも言われるプリツカー賞、17年には紫綬褒章を受章。19年から慶応義塾大学環境情報学部教授を務める。被災者への住環境に対する支援事業を行うNPO法人「ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク(VAN)」代表(写真:都築 雅人)

 私は被災者への住環境に対する支援事業を行うNPO法人「ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク(VAN)」の代表を務めています。先日の令和2年7月豪雨では内閣府から「(PPSを)900セット設置してほしい」との要請が入りました。7月5日に熊本県人吉市に入って、2カ所の避難所でそれぞれ25セット、84セットを設置しました。

 1ユニットの大きさは2人用で縦、横、高さそれぞれ2メートルの正方形となります。3~4人家族の場合は1つのユニットを連結させて空間を広く取ります。紙管フレームは連結して拡張できるのですが、コロナ防疫で飛沫感染を予防するために、1ユニットごとの距離を空けて設置しました。

熊本県人吉市の中学校に設置した避難所用・間仕切りシステム(PPS)。政府からの依頼で坂茂氏やNPOスタッフが現地に入り設置の手順などを指導した(写真提供:ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク)