世界的な気候変動は日本の夏を長い“雨期”に変え始めたのだろうか。各地を襲う豪雨は従来の想定では考えられない雨量をもたらしている。濁流は私たちの生命や財産を飲み込み、毎年のように悲劇が繰り返される。私たちを脅かす水の脅威にどう対処していけばいいのか。災害発生の予測が難しい地震に比べると、水害は起きる場所や時期が割り出しやすい。国土を守るための備えをこれまでの水害から学び、これからの社会を守る対策と選択を考える。(写真:共同通信)