このほかにも15年には、3500人の希望退職を実施したシャープをはじめ業績が悪化した家電大手から、職を失った約70人のベテラン技術者を率先して迎え入れた。

 昨年10月に消費税率が8%から10%に引き上げられたのに合わせて、2020年4月1日からグループ正社員約2500人を対象に2%のベースアップを実施。「消費税がアップした分は賃金に還元し消費を循環させることが企業の使命」と考えたからだという。

 いずれもそれなりの勝算があっての判断とはいえ、なぜアイリスオーヤマはこうも「善行」が目立つのか。実質的な創業者である大山氏は「別に男気とか、心意気とか、そういう話ではない。会社のコンセプト上、そういうふうに見えるだけでしょう」と笑う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2603文字 / 全文3607文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題