空室率が1%を切るなど好況に沸いていた東京のオフィス市場だが、新型コロナウイルスの感染拡大で状況は一変した。リモートワークの普及で、需要のけん引役だったスタートアップの間では業績の好不調に関係なく、オフィスを縮小・廃止しようという動きが広がりつつある。

 「生産性のないオフィスに高い賃料を払う。そんな経営者はセンスがないって言われるようになりますよ」──。IPTech特許業務法人の湯浅竜COO(最高執行責任者)はこう断言する。

緊急事態宣言により、スタートアップが集まる渋谷でも人影が消えた(写真は4月8日撮影)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1877文字 / 全文2106文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「熱狂不動産、次の風景」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。