供給過剰状態でも「インバウンド」や「オリンピック」に踊らされ、価格上昇を続けてきた不動産市場。だが、新型コロナウイルスがすべてを変えようとしている。経済活動の低迷や生活習慣の変化は不動産価格にどんな影響を与えるのだろうか。過去には何度も過熱と暴落を繰り返してきた。だが、今回は何かが違う。新型コロナは不動産の値決めの前提すら変えようとしている。(写真:PIXTA)