『ハコヅメ』ヒットを支える「嫌われることを恐れない」覚悟

伊賀崎の職業観がうかがえるシーン。言葉面だけだと「昼行灯のデモシカ警官」にも見えるが、よく読めばお分かりの通り、この男はそんなに底が浅くない。「公妨で攻防」(7巻その57)より。©泰三子・講談社
閉じる