全13827文字

(前回からお読みになりたい方はこちら

山中浩之(以下、編集Y):分子ウイルス学、免疫学の研究者で、米国の医療・医学研究機関に在籍されている、峰宗太郎さんに「専門家として、今、確実に言えること」をお聞きしています。さて、治療薬についての現状はどうでしょうか。

:現在、特異的な抗ウイルス薬は、これは言い切りますが、「ありません」。

編集Y:5月7日に厚生労働省が、レムデシビルを治療薬として承認していますね。

:承認された今となっても言いますけど、ありません。レムデシビルは、あれは劇的には効いていません。現時点ではワクチンもない。

編集Y:えーと……。

:ワクチンと治療薬を分けてお話ししましょう。ワクチンには何種類かあって、まず、いわゆる「生ワクチン」。これはウイルスの活性を弱めて病気が起こらないようにして体内に入れるものです。強い免疫反応を誘導するので、ちゃんとした抗体ができることが多いですが、失敗すると感染者を人為的に増やすことになってしまいます。そして「不活化ワクチン」、殺したウイルスを打つものです。インフルエンザワクチンがこれです。

 次に「成分ワクチン」。SARSコロナウイルス2(SARS-CoV-2、いわゆる「新型コロナウイルス」)は、人の細胞の「ACE2」という部位に「スパイクプロテイン(Sプロテイン)」を使ってくっついて、細胞の中に入っていくんです。入ったら、人の細胞が持っているいろいろな機能を乗っ取って、自分たちのタンパク質を増やします。

編集Y:「自分たちのタンパク質を増やす」、イコール、感染した人の体内で新型コロナウイルスの増殖が始まる、ってことですよね。それが病気(COVID-19)や、他の人への感染につながる。

:はい。ということは、このSプロテインの活動を邪魔してしまえばウイルスは増殖できない。そこで、Sプロテインに対する抗体を作らせるために、新型コロナウイルスの、Sプロテインの成分を体に打つ。ヒューマン(ヒト)パピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐための、子宮頸(けい)がんワクチンなどでも使われる手法です。

編集Y:へえー!

:もっとすごいのは「DNA/mRNAワクチン」。SプロテインのmRNAや、そこから情報を移したDNAを人間の体に打ち込んで、人間の体にSプロテインを作らせて、そこから免疫も得ようという新技術です。

 ちょうど今、米国のモデルナという企業がつくったmRNAワクチンがフェーズ1に入って、人間で効果があった(抗体ができた)、という報道がありました。前回も申し上げましたが、これまた人間に試すのはこれが初めてのことで、まさしくワープスピードで開発が進んでいます。ということで……

編集Y:すばらしい!

:……ワクチン自体は順調に開発が進んでいるところも多いようです。なので、期待はできるんですが、懸念点はやはり安全性ですね。スピードの裏側には倫理観・安全性のステップを飛ばしていることがあるわけで、もし、接種が始まってから問題が起これば、医療不信にもつながりかねないと心配しています。

編集Y:そうか、そうなったら、ワクチンなんて絶対打たないぞ、という人がどどっと増えますね、きっと。

:そういうことですね。この話は機会があればぜひまた。

 さて次に治療薬です。さて、ワクチンはSタンパクが主なターゲットになるのですけれども、抗ウイルス薬のターゲットは、メインプロテアーゼ、ORF1abなどの酵素です。

「効いた」という言葉の意味が違うのか?

:現在有望な主なターゲットは、ウイルスの自己複製機能をつかさどる「RNA-dependent RNA polymerase」という酵素、これはRdRPと訳すんですけど、このRdRPの機能を阻害して、自己複製をさせない=増殖を抑える、という作戦です。

 そのひとつが「ファビピラビル」。これは商品名「アビガン」ですね。それから、「ロピナビル・リトナビル」というものがありますけれども、これは「カレトラ」という商品名のHIVの薬です。2月にすごく話題になり、いつの間にか消えていった。それから、先ほどのレムデシビル。それぞれが攻撃するウイルス(たとえばアビガンはインフルエンザウイルス)のRdRPを狙って開発され、新型コロナウイルスにも効くのではないか、とされたものです。

 カレトラは3月18日に治療効果は特にないという論文が出まして、話題も尻すぼみになりました。次がアビガン。これは効果がありそうという論文が一度出たんですけど、撤回されたりもしました。その後に中国や日本などで治験が継続中です(5月20日、臨床研究の中間解析結果で「有効性を示せなかった」と報道され、日本では5月中の承認が見送られた)。

 マラリアなどの治療薬で「クロロキン」と、似た性質の「ヒドロキシクロロキン」。これは、トランプ大統領が飲んでいるとツイッターで言っちゃったやつですけれども、効果がない、むしろ死亡率が上がるという論文が出ました。

 そしてレムデシビル。レムデシビルの論文は出ましたけれども、実は効果はわずかで治療期間が短縮されるというものでした。まあ、インフルエンザのタミフルと同じで、熱の出ている期間がちょっと短くなるというのに近い。つまり、重症化を防いだり、重症化の人の死亡率を下げたりする効果はなかったということが分かっています。症状をちょっと抑えているぐらい。それでも緊急承認がなされました。

 「シクレソニド(商品名オルベスコ)」は治験も継続中でして、これは喘息の患者さんが吸入するお薬ですね。一時メディアで非常に話題になりました。あとは「フサン(ナファモスタット)」というお薬ですとか。「イベルメクチン」はまだまだ仮説で、これから試験という段階です。非常にメディアに取り上げられてはいるんですけど、動物でも効果が確かめられてない段階なので、騒ぐものではないと考えています。

編集Y:救世主登場! みたいに騒がれてはあっという間に尻すぼみになっていく……なんだか、「効く」という言葉の意味が、専門家とそれ以外では違うような気がしてきましたよ。「アビガンという薬をもらって、劇的に効いた」という患者さんの声がネットに流れたりしましたよね。そういうのを見ると自分なんかは「おっ!」と思うけれど、専門家の方はどう考えるのでしょう。教えていただけませんか。

:まず普通に医療研究者として一言で言うと、患者が治ったというだけでは、その薬が効いたか、効いてないかは分からないんですよね。

編集Y:それはなぜでしょうか。