(前回から続く→「オヤジもハマる「ひとりほぐし」本の秘密」)

―― 伝えたいことがあふれかえる『ひとりほぐし』ですが、崎田さんは、イラストだけでなく全体の構成・デザインもご自身でされているそうです。これだけ濃厚な内容で、スルスルってすぐにページ構成が出てくるんですか? それとも悩み苦しんでこういう構成になっていく感じなんですか?

崎田:悩み、のたうち回ってます。締め切り前の私はいつも鬱屈としていて……(作品によく出てくる)旦那Kからすると大変みたいです。いつものことで、いざ清書原稿を描き出すと急に元気になるそうです。ネーム(※)のときがやっぱり一番苦しいです。伝わるように見やすくするために何回も描き直したり、一晩置いてまた見直すというのを繰り返したりします。

※注 ネームとは、マンガのコマ割りや、構図・セリフなどの配置を大まかに表したもの。

―― ネームは鉛筆で描いてるんですか。

崎田:シャーペンで描いてます。例えばこのページは、最初はこうでした。

[画像のクリックで拡大表示]
崎田ミナ
イラストレーター、マンガ家
1978年 群馬県生まれ。武蔵野美術大学短期大学部グラフィックデザイン科卒業。ヨガ通いによって、長年のうつ病を克服。著書の『自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ』『自律神経どこでもリセット! も~っとずぼらヨガ』(共に飛鳥新社)、『職場で、家で、学校で、働くあなたの疲れをほぐす すごいストレッチ』(エムディエヌコーポレーション)はいずれもベストセラーとなる。ほかに、『肩コリ・腰痛・冷え・メタボ・不眠をリセット! くう、ねる、うごく! 体メンテ』(マガジンハウス)がある。

―― おお、ラフだ! 面白い!

崎田:これがこの見開きになりました。

最新刊『ひとりほぐし』連載時のネーム。ここからどんどん描き込んでいく。(©崎田ミナ)
最新刊『ひとりほぐし』連載時のネーム。ここからどんどん描き込んでいく。(©崎田ミナ)
[画像のクリックで拡大表示]

連載をまとめてとじる、では伝わらない!?

―― もともとは雑誌の連載ですよね。でも崎田さんだと、本は連載をバチンととじるだけ、じゃなさそうですね。

崎田:そうです。「日経ヘルス」本誌の連載を本の状態で読みやすくするために全部並べ替えて、整理し直しました。

―― 雑誌と本では誌面のサイズも厚みも違うし、本は続けて読むのが前提だし。

崎田:「日経ヘルス」はすでにこの分野のことを知っている読者の方が多いはずですが、本は一般書なので、前提抜きで「一般の方々に分かってもらうためにはどうすればいいか」といつも考えていて。自分でも見返しては、「なんだ、この描き方は!」。

―― わっ。

崎田:「こんなんじゃ伝わらない!」「何でこの文字をここに置いたんだ」「もうちょっとここでこうやって描けばいいのに」と、自分ダメ出しを繰り返しています。

――  迫力満点の自分ダメ出し……。

次ページ 「腸」のイメージが読者の脳内に再生されるために