ご縁と仕事のおかげで、知らない世界で専門のお仕事をされている方のお話を、語れる専門は何もない自分が伺う機会があります。

 その都度思うのは、「コメントとして出てくる一言は、その方が持っている見識の文字通り氷山の一角で、水面下には膨大な思考や経験がある」ということ。専門ではない人は、コメントに出てきた部分だけを都合良く受け取って誤読したり、あるいは話の中の「分かりやすい」部分だけが、話し手の意図を外したバズり方をしたりするのではないか。

 そこで、余談、回り道、と思えるような初歩の情報、あるいはお人柄が伝わるような経験談を含めて、できるだけ詳しく伺って、話者の「水面下」を読み手がある程度は共有できるようにしたい、そんなことを考えています。

 当然、記事はえらく長くなるんですが、簡にして要を得た記事は当サイトにはたくさんございますので、逆張りで行ってみたいと思うわけです。幸いウェブなので、紙幅はいくらでも使えますし。というわけで「話が長くてすみません」。コーヒーでも飲みながらのんびりどうぞ。