2020年11月後半の売上高が前年同期比200%に――。コロナによる外出自粛の逆風を物ともせず、驚異的な成長を続けているのが兵庫県にある「ネスタリゾート神戸」だ。その戦略を担うのが、USJをV字回復させた立役者の森岡毅氏率いる「刀」。なぜコロナ禍でも成長できるのか。森岡氏は、その源泉にあるのは「リーダーの胆力」と説く。

 コロナ禍で日本中が大ダメージを受ける中、爆速で売り上げを伸ばし続けている、ある施設がある。兵庫県三木市の「ネスタリゾート神戸」だ。

 新型コロナウイルスが蔓延し始めた2020年1~3月は、前年同月比で何とか100%前後を維持していたが、緊急事態宣言が出された4月に閉園を余儀なくされ売り上げが壊滅的に。だが、6月以降は徐々に持ち直し、9月には売上高前年同月比で133%とついに100%超えを果たす。その後も驚異的なペースで売り上げを積み重ねてきている。直近の11月後半には201%を記録した。

ネスタリゾート神戸 有料客数・売上実績
ネスタリゾート神戸 有料客数・売上実績
コロナ前の19年秋と比較して、驚異的な成長を見せている
[画像のクリックで拡大表示]

 テーマパークのような施設系には、コロナに加えて自粛の圧力という強烈な逆風が吹き荒れた中、ネスタリソート神戸はなぜこのような信じられない数字が出せたのか。その陰にあるもの、それは自粛期間中の20年春の時点で成長戦略を既に描いていた、経営者の「リーダーシップ」だったといえる。

 ネスタリゾート神戸は、もともとの名を「グリーンピア三木」といい、1980年代に年金福祉事業団が整備した大規模保養施設の一つだった。だが経営が行き詰まり、破綻の後に現在の保有者である延田エンタープライズが16年夏に新装オープン。その後さらなる成長のために頼みとしたのが、マーケターの森岡毅氏が率いるマーケティング精鋭集団「刀」だった。

 「顔」とすべき際立った特徴がなかったネスタリゾート神戸をどう立て直していくか。目を付けたのは「自然あふれる広大な敷地」。コンセプトを「大自然の冒険テーマパーク」と定め、オフロードをバギーで疾走する「ワイルド・バギー」などのアトラクションを次々に考案していく。19年には、18年比で客数は約2倍、売り上げが3倍近くに増加、という大成功を収めた(詳しくは、過去記事「客数2倍、売り上げ約3倍に! ネスタリゾート神戸・復活の秘策」をご覧ください)。

続きを読む 2/2 「アドベンチャー・キャニオン」で反撃

この記事はシリーズ「日経クロストレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。