なかなか収束を見せない新型コロナウイルス感染症。3密回避など「新しい生活様式」が求められているが、これらを苦痛とするのではなくデザインの力で少しでも楽しく過ごそうとする動きが各社から出てきた。流通や観光などさまざまな業界を取材した特集「『新しい生活様式』を支えるデザイン」から、伊勢丹新宿店の取り組みを紹介する。

 2020年7月以降、感染者が再び増加し、先が読めない状況が続く新型コロナウイルス対策として、今後もソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保やマスクの着用、3密(密集、密閉、密接)回避が求められるだろう。これらの「新しい生活様式」は、非日常からむしろ日常になる可能性もある。新しい生活様式は新型コロナ収束までの一過性の動きではなく、今後も続く価値観の大転換になるかもしれない。こうした状況を乗り越えようと、デザインによるさまざまなアイデアが出てきた。新しい生活様式を後ろ向きに捉えるのではなく、前向きに楽しく、新しい付加価値にまでつなげようとする動きだ。

 例えば伊勢丹新宿店は新型コロナが短期的なのものではないと見極め、長期戦を覚悟。対策にも自社のブランドに合わせた表現を取り入れている。来店客の不安を少しでも取り除き、今までと変わらないおもてなしの気持ちをアピールした。ブランドを重視する企業ならではの考え方といえそうだ。

2020年5月30日の営業再開後、入り口を3つに制限した伊勢丹新宿店。既存の入り口のデザインと合わせるため、新たに消毒液を置く専用の台などに統一感を持たせた。ブルーは伊勢丹のロゴの色だ

デザイナーが提案した伊勢丹新宿店の新型コロナ対策

 20年4月7日に発令された緊急事態宣言を受けて4月8日から臨時休業を開始し、5月30日に営業を再開した伊勢丹新宿店。営業再開後の新型コロナウイルス対策には、プロダクトデザインセンター代表のデザイナー、鈴木啓太氏の提案を取り入れた。長い自粛期間が明け、買い物を楽しみに店舗を訪れる人々の気持ちを損なわず、分かりやすく新型コロナ対策を伝えるためだ。

 伊勢丹新宿店は、営業再開に当たって、館内にさまざまな新型コロナ対策を施した。まずは入り口を3つに絞り、各入り口に消毒液を配置。サーモグラフィーによる検温を実施し、入館者のマスク着用も徹底した。

 商業施設では、テーブルなどを使って消毒液を簡易的に設置するケースも多いが、伊勢丹新宿店では、専用の台を用意した。サーモグラフィー用のモニターにも同じような青色の台を用意し、それぞれに大きなアイコンをレイアウト。テキスト情報は補足としてとどめ、手指消毒の推進や、体温測定を行っていることをビジュアルによって知らせようとしている。

 館内に入れば、ベンチやエスカレーターにも同様のアイコンを用いたステッカーを貼ることで、客同士のソーシャルディスタンスを促した。入り口や館内における統一感ある表現は、顧客が百貨店に期待する“買い物体験”を損なうことなく、コロナ対策とおもてなしを両立させている。これは臨時休業中、プロダクトデザインセンター代表の鈴木啓太氏が伊勢丹新宿店に自主的に提案し、採用されたものだという。

入り口には消毒液を置く専用の台を設置。混雑時でも目に付きやすいよう、高さ約2メートルの台を製作した
手指消毒を促すベージュのアイコン。消毒液の容器を押しやすいよう、ヘッドの部分に3Dプリンターで作ったアタッチメントを取り付けた
サーモグラフィーを設置し、体温を測定していることを消毒液の台と同様のアイコンで示した

新しいショーウインドーの完成翌日から休業

 緊急事態宣言が出る前日、担当していた伊勢丹新宿店のショーウインドーの施工を終えた鈴木氏。多くの人々に見てもらうためのショーウインドーが完成したにもかかわらず、翌日から、伊勢丹新宿店の臨時休業が決まった。

 鈴木氏はその後、4~5月にかけて、営業再開後の伊勢丹新宿店の新型コロナ対策を独自に考えた。それ以前から、スーパーマーケットや家電量販店、百貨店などを訪れるなどし、各店舗での取り組みをリサーチ。店舗に合わせた新型コロナ対策をどのように、どのような表現で行うべきかシミュレーションしていたという。

 「営業再開後は、既存の即席の対応ではなく、分かりやすく統一した、伊勢丹新宿店らしい新型コロナ対策を表現できたらといいと思った。自粛疲れもあった時期、買い物の高揚感を伴った表現が必要と考えた」と鈴木氏は振り返る。そしてゴールデンウイーク後、伊勢丹新宿店の新型コロナ対策のデザインを自主提案した。統一感あるグラフィック表現や用意すべきツールには、以前からあった伊勢丹新宿店の施工ルールをすでに盛り込んでおり、想定コストも考慮していた。

 ゴールデンウイーク明け当時、緊急事態宣言解除のタイミングは流動的で、提案にもスピード感が求められた。そのためデザインの提案に先立って、伊勢丹新宿店の施工を多く手掛ける企業に依頼し、実現性やコスト感の検証などを行っていたという。

続きを読む 2/2 自粛期間中、Zoomで各業界にヒアリング

この記事はシリーズ「日経クロストレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。