1990年代中盤から2010年頃に生まれた世代を指す「Z世代」。幼い頃からインターネットに触れているのはもちろん、スマートフォンなどのデジタルデバイスにも慣れ親しんでおり、「デジタルネーティブ」「スマホネーティブ」な世代ともいえます。

 トレンドの発信源として注目を集めているのに加え、今後、消費の面でも社会全体においても、強い影響力を持つことは間違いありません。 若者向けの商品・サービス開発をしている企業だけでなく、それ以外の企業にとっても将来の顧客となるZ世代の興味関心、インサイト(購買につながる動き)をいかに発見するかは、大きな課題になっています。

 最近まで、Z世代をはじめとした若者といえば、“SNS映え”を重視するとみられてきました。しかし、SNSの使い方も多様化し、企業が若者向けに仕込んだ“映え”は見透かされる時代に。上の世代が考えたZ世代観は、現実とかい離しているケースも目立ちます。

 日経ビジネスLIVEは日経クロストレンドと共同で、10月19日(水)19:00~20:30に、「星野リゾートの実践から学ぶ、『Z世代』を顧客にする極意」と題して、ウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、自らもZ世代で「食べられるお茶」やメンズネイルサロンなど、斬新な企画で次々とヒットを飛ばす“Z世代の企画屋さん”こと、僕と私と(東京・渋谷)CEO(最高経営責任者)の今瀧健登氏。そして、もう1人は、星野リゾートが若者向けに展開する「界タビ20s(トゥエンティース)」プロジェクトを担当する梅ケ谷夏歩氏です。

 ウェビナーでは日経クロストレンド編集部のZ世代記者も交えて、Z世代の意識や消費行動、さらにはZ世代に響く企画などについて、議論を交わします。視聴者の皆様からの質問もお受けし、議論を深めていきます。ぜひご参加ください。

>>ウェビナーへの参加を申し込む

今瀧健登氏
僕と私と株式会社CEO、Z世代のヒットメーカー
1997年生まれ。Z世代へのマーケティング・企画UXを専門とし、ネイルサロン「KANGOL NAIL」、食べられるお茶「咲茶」などを企画するヒットメーカー。Z世代代表として多数のメディアに出演し、“サウナ採用”などのユニークな働き方を提案するZ世代経営者。一般社団法人Z世代の代表も務める。日経クロストレンドで『今瀧健登の「Z世代マーケティング」』を連載中。
梅ケ谷夏歩氏
星野リゾート「界タビ20s」プロジェクト
1995年東京都生まれ。2018年4月、新卒で星野リゾートに入社、星のや富士に配属、接客業務を担当。2019年4月、界マーケティングに異動。界タビ20sプロジェクトリーダー、界ブランドのマーケティング戦略立案、InstagramなどのSNSマーケティングを担当。趣味は、ダンス、お笑い鑑賞、おいしいお酒を発見すること。
参加者募集 星野リゾートの実践から学ぶ、「Z世代」を顧客にする極意

■開催日:2022年10月19日(水)19:00~20:30(予定)
■テーマ:星野リゾートの実践から学ぶ、「Z世代」を顧客にする極意
■講師:今瀧健登氏(僕と私とCEO、Z世代のヒットメーカー)
    梅ケ谷夏歩氏(星野リゾート「界タビ20s」プロジェクト)
■モデレーター:河村優(日経クロストレンド記者)

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス、日経クロストレンド
■受講料:日経ビジネス電子版と日経クロストレンドの有料会員はいずれも無料で参加できます(事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。

>>ウェビナーへの参加を申し込む

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「日経クロストレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。