全2272文字

※日経トレンディ 2020年6月号の記事を再構成

新型コロナの影響で、オフィス企業には「出社する人数を最低7割減に」という要請が政府から出た。当初は7都府県だけだったが、4月中旬には緊急事態宣言が全国に及び、テレワークに移行できるかどうかが全国の企業にとってまさに死活問題になっている。その中でひときわ存在感を増しているのが、ビデオ会議サービス「Zoom ミーティング」(以下、Zoom)だ。

(写真/PIXTA)

 1日の利用者が今年3月に2億人を突破。日本でも社内の会議から、取引先との商談、大人数のセミナーまで各社がZoomを取り入れた。さらには教育機関も取り入れ始め、Zoomがビデオ会議のスタンダードツールになりつつある。ブームはビジネスだけにとどまらず、オンライン上で飲み会を開く「Zoom飲み」という言葉も生んだ。

 Zoomの武器は圧倒的な使い勝手の良さだ。ユーザーはアカウント登録をする必要が無く、送られてきたURLにアクセスするだけで会議に参加できる。シンプルな操作性や安定的な接続環境に、ビジネスパーソンが飛び付いた。有料版に限るが、100人が参加する大規模なセミナーを開催できる「ビデオウェビナー」機能も好評だ。

 ビデオ会議を中心としたテレワーク化の流れはグッズ、部屋づくり、Wi-Fiなど様々なことを激変させる。量販店ではビデオ会議に必要不可欠なウェブカメラやヘッドセットが品切れる“Zoom売れ”現象も起きた。

 今後、部屋の見栄えを良くする“Zoom映え”用インテリアなど新たな消費を生みそうだ。

 ウェブカメラ 
ビデオ会議特需の最たる例がウェブカメラだ。パソコンにカメラが内蔵されていないケースも多く、外付けで対応するユーザーが激増した。量販店やネットショップでは品薄の状態が続く
 ヘッドセット 
円滑なコミュニケーションを図るため、マイク付きのヘッドセットを買い求める人も多い。ウェブカメラと並んで、量販店のテレワークコーナーの“主役”に躍り出た。ゲーム用の高音質な製品を取り入れるユーザーも増えた
 Wi-Fiルーター 
ビデオ会議にはネット回線の安定性は必要不可欠だ。テレワーク化の影響で、自宅の回線速度を増強する動きがある。「3月は前月比50%増の売り上げ。平均購入単価も上がっている」(バッファロー)といい、上位機種のニーズが増えている
 背景素材 
アニメやゲーム業界を中心に、ビデオ会議用の背景素材を無料公開する企業が相次いでいる。ジブリや「新世紀エヴァンゲリオン」「FFVIIリメイク」など有名作品が目白押しだ。ビデオ会議の普及により、背景で遊ぶことがまず会話の糸口になるという新しい文化も出てきた。(C)カラー (C)カラー/Project Eva. (C)カラー/EVA製作委員会、(C)1997 Studio Ghibli、(C)SEGA PIXTA
注)「エヴァンゲリオン壁紙」はサイトにて配布。「スタジオジブリ壁紙」はサイトにて配布。「龍が如く壁紙」は同社のTwitter上にて配布