全2331文字

2020年、人類そして企業は大きな岐路に立たされた。新型コロナウイルスの感染拡大によって、人が集まったり移動したりするビジネスはその前提が覆された。そして必要不可欠になったのが非接触で、安全に品物やサービスを提供するコンタクトレス(非接触)・エコノミーである。シリコンバレーをはじめとして米国では、スタートアップなどが新たなテクノロジーでコロナ禍に対応しようとする動きが急だ。

(写真/Shutterstock.com)

 新型コロナウイルスは感染力の高さに、有効な治療薬やワクチンが見つかっていないことも相まって、全世界で猛威を振るっている。唯一の対抗策が、自宅にとどまり、人々の接触を最小限にとどめることだ。

 しかし、ビジネスを停止し、家にとどまっているだけでは経済が停滞し、いずれ崩壊してしまう。そこで必要となってくるのが、感染を避けつつビジネスや生活を継続するためのテクノロジーやサービスである。まさにコンタクトレス・エコノミーの時代がやってきた。

コンタクトレスの新常態を支える技術

 コンタクトレス・エコノミーを支える主役はスタートアップのテクノロジーである。シリコンバレーなど米国ではコロナ禍の以前から、多くの起業家が次世代のビジネスとしてチャレンジしている。その代表例が商品などを顧客まで運ぶデリバリーロボットだ。コロナ後のニューノーマル(新常態)では珍しい存在ではなくなるかもしれない。

マウンテンビューのダウンタウンを行き来するデリバリーロボット(米カリフォルニア州マウンテンビュー市)

 シリコンバレーの中心地であるマウンテンビュー市のダウンタウンでは、人よりもデリバリーロボットが多く行き来する。ロボットの提供元はスターシップテクノロジーズというスタートアップだ。IP電話の「スカイプ」の創業者らが2014年に起業しており、資金も順調に調達している。

 米国では民間だけでなく、自治体なども新しいテクノロジーの導入に積極的だ。まずは試してみて改善していくというカルチャーが、こうした非常事態でも機能している。

 マウンテンビューではレストランや食料品店など5店舗ほどから、料理や食料品を近隣の住宅などに届けている。実験を後押ししたのが新型コロナウイルスの感染拡大だ。スターシップはマウンテンビュー市の評議会による評決を得て、トライアルに取り組んでいるという。

自宅の快適性を重視、ジムや観光地とも直結

 ビデオ会議サービスの「Zoom」などを利用したリモートワークの定着によって、在宅時間が増えている。それに伴って家での快適性や新しい機能を求める動きが急速に広まっている。

 そうして在宅時間が増えた人々は、フィットネスやリラクゼーションなどさまざまなオンラインのコンテンツを消費し始めている。これまで訪問していた場所と、インターネットを通じてコンタクトレスでつながっていく。

 旅行とシェアリングという新型コロナウイルスの影響をダブルで受けた米エアビーアンドビー。同社も2020年4月からオンラインでの体験サービスに乗り出した。全世界の特色のあるアクティビティーに、Zoomを利用して全世界の人たちと参加できる。例えば、10ドル程度の料金で、南アフリカの海洋科学者のレクチャーを受けることができる。

コンタクトする場所にはUV

ピッツバーグ国際空港で稼働するUV-C光源を搭載した床掃除ロボット(米ペンシルバニア州)

 一方で、コンタクトレス化が難しい分野もある。そこで今、米国で注目を集めているのが、人が手や靴で触れる部分を殺菌・消毒する技術である。中でも、「深紫外」と呼ばれる、波長の非常に短い光による殺菌技術が脚光を浴びている。深紫外光は、「UV-C」と呼ばれる100~280ナノメートル(nm)の光で、紫外域の中で比較的波長が短いものを指す。このUV-Cを発するランプやLEDといった光源を殺菌に活用する動きが活発である。

 これまで医療機関で使われてきたものだが、ホテルや食品加工施設、空港、クルーズ船の運航企業、スポーツジムからの問い合わせが急増しているという。コロナ禍を機に、UV-C光源を搭載した床掃除ロボットを導入したのは米ピッツバーグ国際空港である。自律移動しながら、床にUV-Cを照射しつつ、床を拭く。米アマゾン・ドット・コムは、店舗内のショーケースを殺菌するUV-C光源を搭載したロボットを開発中だとされる。

コロナ対応のスタートアップには投資増も

シリコンバレーの有力ベンチャーキャピタルが多く集まるサンドヒルエリア(米カリフォルニア州メンローパーク市)

 こうしたコンタクトレス・エコノミーを支えるテクノロジーが登場する背景にあるのは、シリコンバレーなど米国におけるスタートアップのエコシステム(生態系)の存在だ。そこに参加する、投資家や起業家、エンジニアの厚みがある。創業から年数の経過した企業が多いUVのような分野でも、コロナ禍を機にスタートアップの参入が増えるかもしれない。

 実はコロナ禍でも資金は潤沢に供給され続けている。

 シリコンバレーのベンチャーキャピタルである米SOZOベンチャーズの松田弘貴プリンシパルは「当地を中心とした主要なVCを30~40社モニタリングしているが、この1~5月の投資総額は昨年と比べあまり変わっていない。一方で投資件数は大きく減少している。何を意味しているかというと、注目分野で有力なスタートアップ1社当たりの投資額が増えているということだ」と打ち明ける。

 こうした状況下では「ごく少数の強いスタートアップが急成長する」(松田氏)というのが、これまでも見られている展開だ。コロナ禍を機に、新たな有力スタートアップや産業・テクノロジー分野が生み出されていくだろう。

 コンタクトレスのニューノーマルはテクノロジーでどのように実現されていくのか。本特集では、シリコンバレー支局で取材したコンタクトレス・エコノミーを支えるテクノロジーを紹介していく。

※この記事を含む特集「コンタクトレス・エコノミーがやってくる」は日経クロストレンドに掲載されています。