世界市場の開拓に向け、世界レベルの視点を身につける

 吉田氏が言う「一流の専門家」とは世界でも通用する人材。人脈をたどる他に、著名な書籍を書いた人などを吉田氏が探して依頼する場合もある。契約は相手の企業ではなく個人ベース。今までにない事業を立ち上げた当事者や、世界的に知られる人材と社員が直接話をすることで、「こんな見方ができたのか」「こういった視点があったのか」と感じ、目線が変ってきたと話す社員もいる。

 メヴィーは新しいビジネスモデルだけに、ミスミにとっては新しい業務の進め方が求められる。セールスやプロモーションなど今までのミスミのやり方でいいのかなど、考えるべき点は多くなる一方だ。社員だけで考えると企業の視点になりがちだが、外部の専門家が顧客の視点でアドバイスすれば方向性が異なってくる。

 社員にとっても一流の人材の視点が分かり、意識改革につながったという。アドバイスを受け、実際にセールスのやり方を変えるなど、さまざまな成功例も出てきている。成長期に向けたDX人材の育成によって新たな施策が生まれた結果、メヴィーの事業拡大に貢献したといえそうだ。

 今後はメヴィーの海外展開も推進する方針。世界レベルのアドバイザーによって、社員の意識も世界レベルに上げようとしている。

スペシャルアドバイザーと社員のワークショップの様子。外部の一流の知識に触れることで、社員の意識レベルも高くなる(写真提供/ミスミ)
スペシャルアドバイザーと社員のワークショップの様子。外部の一流の知識に触れることで、社員の意識レベルも高くなる(写真提供/ミスミ)
[画像のクリックで拡大表示]
ミスミグループの常務執行役員でメヴィーを手掛けるID企業体社長の吉田光伸氏。社内には各団体からの表彰状があった
ミスミグループの常務執行役員でメヴィーを手掛けるID企業体社長の吉田光伸氏。社内には各団体からの表彰状があった
[画像のクリックで拡大表示]

(この記事は、日経クロストレンドで4月23日に配信した記事を基に構成しました)

※この記事を含む特集「マーケDX人材の育て方、生かし方」は日経クロストレンドに掲載されています。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「日経クロストレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。