全2298文字

※日経トレンディ 2020年6月号の記事を再構成

2020年、新型コロナウイルスの感染が拡大する中での上半期ヒット商品と、ウィズコロナ時代の下半期ブレイク予測を総まとめした特集「上半期ヒット大賞&下半期ブレイク予測」の第1回。逆風下でも見事な成績を上げた製品やサービスは数多くある。「新・巣ごもり需要」の他、新たに見えた4つのヒットの法則とは。

 これほど、誰も予想せぬ事態が起きたことがあっただろうか。20年2月下旬から日本でもまん延し始めた新型コロナウイルスが、五輪フィーバーを吹き飛ばし、「戦後最大の危機」を世界中にもたらしている。国際通貨基金(IMF)の見通しによれば、20年の世界GDPの予測値はマイナス4.9%。しかもまだ終息は見えていない。

 しかし、このような時期だからこそ売れた商品もある。感染予防を期待して、マスクや消毒液などの衛生用品、健康に良さそうな食品、そして空間除菌剤や空気清浄機が売れているのは言うに及ばず。外出自粛やテレワーク推奨に伴って、自宅でできるだけ快適に過ごしたいという「新・巣ごもり需要」も生まれている。

 日経クロストレンドの4月の調査によれば、新型コロナによって外食、旅行、イベントなどの「コト消費」は激減。代わりに「自宅での食事」や「動画配信サービスの利用」など、宅内での消費が増えている。この2~4月に好調だった商品では、家庭料理を簡単かつ豪華にできる調理家電や、食材を混 ぜるだけで食卓に出せるメニュー用調味料がまず挙がる。運動不足を解消できるゲーム機は品不足が慢性化するほどの売れ行きで、コミュニケーション不足を補えるテレビ会議システムは、業務だけでなく「飲み会」にも使われるほど一気に定着した。未曽有の危機を少しでも豊かに過ごしたいという思いが見えてくる。

 もし、このような生活が長引くのであれば、有名料理店の味を自宅で楽しめるキットや、自宅を映画館のようにできるプロジェクター、「癒やし」を提供できる家族型ロボットなど、自宅でぜいたくができる商品やサービスに手を伸ばす人も増えるだろう。

コロナで激増した「新・巣ごもり需要」
 日経クロストレンドが実施した、生活行動の変化を探るアンケートによれば、従来の「コト消費」が大幅に減少する中、自宅での食事や飲食などは増加。ヒットした商品でも、有名店の「中食」や飲み会を充実させるビデオ会議など、自宅を快適にする製品・サービスが目立った。
■新型コロナで増えた消費・減った消費
注)日経クロストレンドが企画し、マクロミルが保有する調査モニターのうち「会社員」にインターネット調査を実施。男女均等、20~60代から各200人ずつ、計1000人の有効回答を得た(調査期間:4月16~17日)。上のグラフは、「もともとその習慣はない」「わからない」という回答を除いた比率を棒グラフにした。その上で「大幅に増加」「やや増加」の合計から「大幅に減少」「やや減少」を引いた値を求め、降順に並べている