技術とアートの組み合わせで新たな価値を

新ブランド「3&bC(スリーアンドビーシー)」から発売する加圧ボールペン「Pt7(ピーティーセブン)」。インクはすべて黒。1本600円。ボディーの名前は左から、torii(トリイ)、midori(ミドリ)、ki(キ)、neue gray(ノイエグレー)、sumi(スミ)、sumire(スミレ)
新ブランド「3&bC(スリーアンドビーシー)」から発売する加圧ボールペン「Pt7(ピーティーセブン)」。インクはすべて黒。1本600円。ボディーの名前は左から、torii(トリイ)、midori(ミドリ)、ki(キ)、neue gray(ノイエグレー)、sumi(スミ)、sumire(スミレ)

 三菱鉛筆は、エモットの経験を得て、デザイン性や情緒的価値を意識した商品開発への挑戦を継続する。20年10月19日に、デザイン会社のGRAPH(兵庫県加西市)とともに新ブランド「3&bC(スリーアンドビーシー)」を立ち上げ、アーティスティックなカラーリングの新商品を発売した。GRAPHは東京大学の文房具ブランド「UTokyo Go(ユートーキョーゴー)」のブランディングを担当し、その商品ラインアップに三菱鉛筆のボールペンや鉛筆がある。その関係から、今回の協業が始まった。

3&bCの什器。今後は、ファッションブランドやアーティストとのコラボレーションもしていく計画だ
3&bCの什器。今後は、ファッションブランドやアーティストとのコラボレーションもしていく計画だ

 3&bCは、「とらわれない」というコンセプトを掲げている。三菱鉛筆のインナーブランディングを意識した取り組みでもあり、既成概念やルールにとらわれず、定番商品であってもデザイン性を付加して見立てを変えることで新たな価値を生み出せる、というメッセージが込められている。技術はいつか追いつかれる可能性があるが、人の感性を重視した情緒的価値を掛け合わせれば、唯一無二の価値を生み出せる可能性があるという考えだ。

 「誰もがイメージできることを形にするのではなく、見たことがないものを目指す。テクノロジーも人の感性と混ざりあって、進化していくものだ。3&bCは多様なことにチャレンジするプラットフォームのような位置付けになればいいと思う」(GRAPH代表の北川一成氏)

三菱鉛筆で販売中の「パワータンク」。こちらも継続して販売していく。屋外で仕事をする人や水を使った仕事をする人だけでなく、書き味を好んで愛用している人も少なくないそうだ。ボール径は0.7ミリなど3種類。1本200円
三菱鉛筆で販売中の「パワータンク」。こちらも継続して販売していく。屋外で仕事をする人や水を使った仕事をする人だけでなく、書き味を好んで愛用している人も少なくないそうだ。ボール径は0.7ミリなど3種類。1本200円
[画像のクリックで拡大表示]

 3&bCの第1弾商品は、加圧ボールペン。三菱鉛筆が00年から販売している「パワータンク」がベースで、3&bCからは「Pt7(ピーティーセブン)」という名称で発売する。加圧ボールペンは、ボールペンを逆さまにしても、ぬれた紙にも、氷点下でも書くことができる。

 そんな定番品のパワータンクに新たなデザインを与え、価値を高めていくという。ボディーの形状や素材はそのままに、色とタイポグラフィーを変更する。存在感のある立体的なフォルムが、鮮やかな蛍光色を中心としたポップなカラーリングによって見えにくくなる。3&bCでは、色を変えることも商品の価値を高める重要な表現の一つと考えている。

 パワータンクのボディーには2種類の素材が使われており、その色を統一することは容易ではないそうだ。滑り止め部分は素材に色を練り込むなど、三菱鉛筆が持つ高度な技術を活用し、北川氏のディレクションにより実現した。

3&bCは今後、ファッションブランドやアーティストとのコラボ商品も展開し、価値を高めていく。そのため、3&bCとPt7のロゴは、今後どんなブランドとも掛け合わせられるように、独自性を担保しつつシンプルにデザインした。3&bCのマークのモチーフはキツネ、コンセプトは「かけるばける」。これまでの常識にとらわれない発想を掛け合わせていくブランドとして、「書ける/描ける」と「掛け合わせる」「化学反応」「キツネが化ける」といった意味を重ねている
3&bCは今後、ファッションブランドやアーティストとのコラボ商品も展開し、価値を高めていく。そのため、3&bCとPt7のロゴは、今後どんなブランドとも掛け合わせられるように、独自性を担保しつつシンプルにデザインした。3&bCのマークのモチーフはキツネ、コンセプトは「かけるばける」。これまでの常識にとらわれない発想を掛け合わせていくブランドとして、「書ける/描ける」と「掛け合わせる」「化学反応」「キツネが化ける」といった意味を重ねている

※この記事を含む特集「人気文具に学ぶ「ヒットのつくり方」」は日経クロストレンドに掲載されています。

この記事はシリーズ「日経クロストレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。