「2011年の創業以来、試練はたくさんあったが今回は次元が違う」。レジャー・体験予約サイトを運営するアソビュー(東京・渋谷)の山野智久CEO(最高経営責任者)は危機感をこう口にする。「今のままでは厳しい。生き残るためのプランを進めている」

 アソビューが運営するのは、社名と同じ名称のレジャー・体験予約サイト「アソビュー!」。旅行先での観光や、週末のデート、家族での外出などシーンに応じて検索し、施設を予約できる。国内7000超の施設と提携しており、累計700万人がサービスを利用している。

 2019年6月には、経済産業省が世界で成長する新興企業を支援する「Jスタートアップ」に選出。コト消費の拡大を追い風に社員は140人まで増え、IPO(新規上場)を見据えるまで成長していた。

外出自粛で計画比95%減に

 だが、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛で事業環境が激変。3月中旬からレジャー・体験予約サイトの流通総額が大幅に減った。政府が緊急事態宣言を出した4月には「アソビュー!の流通総額が当初の計画比で5%、つまり95%減になった」と山野CEOは打ち明ける。

レジャー・体験予約サイトを手掛けるアソビューの山野智久CEO

 足元で緊急事態宣言は解除されつつあるが、「有事がいつまで続くかは分からない」と山野CEO。主力のサービスが新型コロナの影響で大打撃を受ける中、「今は1円でも多く利益を上げて、1円でも多く販管費を下げるしかない」と語る。

 生き残りのための収益源として4月から新たに始めたのがコンサルティングサービスだ。アソビューにはコンサル会社からの転職者も多く、「実業は止まっているが優秀な人材はたくさんいる」と山野CEO。「期間限定」としながらも「ウェブサイトの構築、サービスの計画立案、人材採用など複数のコンサルティング案件を進めている」と話す。

 人件費や広告費など販管費は以前から6割減らした。「人は企業のカルチャーなので雇用を維持したい」(山野CEO)。そこで考えついたのがコロナの影響が少ない他の業種への出向だ。「現在30人ほどが出向している」と山野CEOは話す。

 期間限定でのコンサル業務に社員の出向――。あらゆる手で生き残りを図るアソビュー。山野CEOは「今後2年間、コロナ禍が続いても会社を存続させるメドは立ちつつある」と前を向く。

続きを読む 2/3 スタートアップの8割近くが「事業に影響受けた」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2071文字 / 全文3260文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「コロナで生まれ変わるスタートアップ生態系」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。