全4368文字

 約2万人にESGの視点から企業のブランドイメージを聞く本邦初の「ESGブランド調査」。2000年から継続してきた「環境ブランド調査」の対象範囲を「環境(E)」だけでなく、「社会(S)」や「ガバナンス(G)」「インテグリティ(誠実さ)」の項目に広げた。第1回の調査結果は、「トヨタブランド」の強さが際立った。

ESGブランド調査2020トップ10

 トヨタ自動車は、総合第1位だけでなく、環境では2位になったものの、社会、ガバナンス、インテグリティで1位になった。順位だけでなく、スコアも頭抜けている。総合順位を示すESG指数で100を超えたのはトヨタだけだった。

 各テーマのスコアでも、社会、ガバナンス、インテグリティで2位以下に大差をつけた。ガバナンスに至っては「経営トップがガバナンスに対する高い意識を持っている」をはじめとして設問全12項目で1位を独占した。

 総合第2位になったサントリーの環境での強さは健在だ。生物多様性保全や自然保護で高い評価を得た。自由意見には「水と生きる」の企業メッセージに言及するものが目立った。

 総合3位のイオンは、小売業で唯一上位に食い込んだ。環境と社会での評価が高い。規制に先駆けたレジ袋の有料化など長期にわたって実践してきた活動が実を結んでいる。MSC(海洋管理協議会)などの国際認証を得たサステナブルシーフードをいち早く販売している点も支持されている。

トヨタ、環境以外で圧勝

 トヨタブランドは強かった。環境では「気候変動の対応に努めている」「省エネに努めている」など設問12項目中4項目で1位。社会では「労働災害の防止など従業員の安全や健康に配慮している」「製品の安全性に配慮している」など12項目中6項目で1位だった。

 ガバナンスに至っては「経営トップがガバナンスに対する高い意識を持っている」をはじめ全12項目で1位を独占した。インテグリティでも「より良い社会づくり(SDGsの達成)に貢献している」「将来世代のことを考えて経営している」など9項目中5項目で1位になった。

 「高い評価はうれしい限りだが、ESGの取り組みはまだ始めたばかりなので正直なところ戸惑いもある」。トヨタ自動車の大塚友美Deputy Chief Sustainability Officer(DCSO)は率直な感想を語る。

 なぜ、ここまで高い評価を受けているのか。企業のESG活動に対する印象を回答者に聞いた自由意見からひもといてみよう。

刺さったトップのメッセージ

 目立った言葉が3つある。まず電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などの「エコカー」に言及した意見だ。世界での累計販売台数が1000万台を超え、トヨタのエコカーの象徴であるプリウスの印象は根強いようだ。さらに、昨年11月に中国・広州で開かれた広州モーターショーでLEXUS(レクサス)のEV「UX300e」を公開し、今年から中国や欧州などを皮切りに順次発売して、日本では21年前半に発売すると発表した。エコカーという製品がメディアの役割を果たし企業姿勢を雄弁に語れる、自動車メーカーならではの強みと言えるだろう。