ユーグレナの3代目CFO(最高未来責任者)に渡部翠さん(15歳)が選出された。第1回のCFO募集に応募するも落選した少女が、5人の仲間と共に持続可能な社会の実現に挑む。

 ユーグレナは2022年8月1日、CFO(Chief Future Officer、最高未来責任者)に15歳の渡部翠(わたべみどり)さんが就任したと発表した。CFOは、同社が19年に新設したポストである。「サステナビリティファースト」を掲げて世界の貧困や気候変動問題の解決を目指す中、未来を生きる当事者である世代が経営に参加していくべきだとの考えから、18歳以下を条件に一般から公募している。

 渡部さんは、19年の小澤杏子さん(初代CFO)、20年の川﨑レナさん(2代目CFO)に次ぐ3代目CFOとなる。これから1年間、一緒に選ばれた5人のFutureサミットメンバーと共に、サステナビリティに関する活動や目標の策定などに取り組む。

 過去には、ユーグレナが販売するペットボトル商品の全廃などによって石油由来プラスチック使用量の50%削減を提言した他、定款の事業目的をSDGs(持続可能な開発目標)に即した内容に変更する際に監修に関わるなど成果を上げている。

 3代目CFOに就任した渡部さんに応募の動機やこれからについて聞いた。

渡部 翠(わたべ みどり)さん
渡部 翠(わたべ みどり)さん
2006年生まれ。インターナショナルスクールに通う15歳。帰国子女。オーケストラ部と模擬国連部に所属。趣味はバイオリン演奏、読書など。ミャンマーやイラク・モスルへのチャリティープロジェクトを実施する他、さまざまな職業を深掘りして紹介するウェブメディアを運営(写真:鈴木 愛子)

CFOになってどんな気持ちですか。

渡部 翠さん(以下、敬称略):最終面接を終えて、その数分後にCFOの決定を伝えられてびっくりしました。同時に「始まったー!」と思いました(編集部注:面接はオンラインで実施され、渡部さんは当時住んでいたマレーシアから参加した)。

 名前が「翠(みどり)」なので、結果的に「ミドリムシのみどりちゃん」と名乗れるのは強かったかもしれません。名前の奇跡だと思います(笑)(編集部注:選考に名前は考慮されていない)。

 一緒に活動するFutureサミットメンバーはどんな人たちだろう、これからどうなるんだろうと楽しみです。ただ、3代目CFOになったからには、初代CFOの小澤さん、2代目CFOの川﨑さんがやってきたことをつなげなきゃいけないという責任感が一番にあります。

次ページ 落選から再挑戦