全3453文字

2020年4月に工学部が発足したばかりの京都先端科学大学。経営母体である永守学園の理事長で日本電産会長CEOの永守重信は「医学部も開設する」と突然、ぶち上げた。個人資産から約100億円寄付したほか、年間10億円の追加負担をしている永守にとって、医学部新設はさらなる負担増にもなりかねない。国内では各地の大学で改革が進んでいる。永守の夢である世界の大学ランキングで上位に入るには、こうした国内先行組をも超える必要がある。大学改革は、日本電産を世界一のモーターメーカーに育てたことに匹敵するような大事業になろうとしている。(敬称略)

中学・高校を抱える京都光楠学園との合併を発表する永守学園理事長の永守重信(左、写真:太田未来子)

 理事長である永守重信の突然の発言に、出席した記者はおろか京都先端科学大学の関係者たちがのけぞった。

 「いずれは医学部も作りたいと思っている」

 2020年4月1日、京都市の同大学本部で開かれた記者会見で永守は突然こうぶち上げた。会見はもともと京都先端大を運営する永守学園と、その前身の京都学園から14年春に分離した京都光楠学園の合併(21年4月1日付)を発表するものだった。ところが永守は両学園の関係者もほとんど知らない医学部構想を打ち上げ、併せて小学校設置の考えまで表明したのだ。

 京都光楠学園は、京都学園中学・高校を運営している。幼稚園・保育園も運営する永守学園との再統合に加えて、この場で突然表明された構想が実現すれば、幼児教育から、医学部を含む大学・大学院までの一貫教育の体制を整備することになる。

工学部新設に続く費用負担、どこまで

 「まさか」。京都先端大関係者の誰もが驚いたのにはわけがある。同大学は4月に工学部を新たにスタートさせたばかりだが、これには膨大な資金が必要なことが分かっていたからだ。連載の初回で、永守は私財約100億円余りを投じて、大学の再建と工学部の新設に乗り出したと書いた。だが、実際には工学部にさらに資金が必要になり、当初の約100億円以外にも、永守は年間約10億円の追加寄付をしているという。

 それだけでも大変なのに、膨大な設備と運営コストのかかる医学部を作るとなれば、永守の負担はどこまで増えるのかわからない。

 大学改革にかける永守の夢は広がる。「世界の大学ランキングで2025年には関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)を、30年には京都大学を抜く」。永守はしばしばこう言う。例えば、英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」の20年版ランキングで100位以内に入った日本の大学は、東京大学(36位)と京大(65位)だけ。そこに割って入ろうというのである。

 医学部構想まで描きながら世界の大学に伍していく。永守の夢は際限ないようだが、大学の改革自体は、ここ20年ほど日本の各地で進んでいる。京都先端大の改革は、その1つであり、まず日本の改革競争の中で結果を出せなければ、世界での競争にはそもそも勝ち抜けない。