ちょっとばかり高くても、顧客に飛びついてもらえるような製品やサービスを生み出す──。デフレ経済の閉塞感を打ち破ろうと、こんな課題に挑んだ企業が成果を出し始めた。金融緩和だけでは物価も賃金も上がらない。シリーズ「貧しいニッポン」最終回では、企業の知恵と技術に、逆境からはい上がるヒントを探る。

前回記事「「ガリガリ君」安さ追求への執念 10円の値上げ、議論は2年越し

「今日はおいしいイシガキダイが入っているよ。焼き魚がお薦めだよ」。千葉県の新浦安駅からほど近い海産物居酒屋「さくら水産イオン新浦安店」。昼時になると店員と客の間で魚の品定めが始まる。店頭の水槽にはその日の朝に東京の豊洲市場から仕入れたヒラメやアジなどが泳ぐ。時にはアカハタ、カワハギといった高級魚がお目見えする時もある。

 選んだ魚をその場でさばき、刺し身、てんぷら、焼き魚、煮魚など客の好みに応じて出す「活魚定食」が、新型コロナウイルス禍以降、さくら水産のランチの目玉となっている。価格は1280円から。ビジネスパーソンの昼ご飯としては高めの価格設定だ。

さくら水産イオン新浦安店には朝に市場で買い付けた様々な種類の魚が並ぶ。その場でさばき、客の好みに応じて調理する活魚定食が人気だ(写真:陶山 勉)
さくら水産イオン新浦安店には朝に市場で買い付けた様々な種類の魚が並ぶ。その場でさばき、客の好みに応じて調理する活魚定食が人気だ(写真:陶山 勉)

 さくら水産といえば、かつてはアジやホッケ、サバなどの旬の魚を使った魚料理にみそ汁とお新香、卵が付いた500円の「日替わり定食」が売りだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5159文字 / 全文5738文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。