経済が停滞し、賃金が伸びない日本。「安定」という居心地の良さを見いだす人々がいる一方で、経済的な成功を求めて、日本を離れていく人も後を絶たない。日本を去った、ある優秀なベトナム人エンジニアの言葉が重く響く。

 前回記事は「iPhoneが高根の花に 物価上がらぬ日本、モノもヒトも『買い負け』

 「夢のようなオファーをもらった」。ベトナムの最大都市ホーチミンで、エンジニアとして働くクオンさん(27歳)の声は弾んでいた。2022年1月に英国に渡り、大手IT(情報技術)企業に就職する。提示された月収は約5400ポンド(約81万円)。現在は23万円弱なので、一気に3倍以上に膨らむ計算だ。

 クオンさんは3年前まで東京都内のITベンチャー企業で働いていた。ベトナムの理系大学を卒業後、日本語学校の留学生として来日。週28時間以内のアルバイトが認められ、エンジニアとしての技術を磨いた。クオンさんは「社を挙げたプロジェクトの中心チームにも加えてもらい、やりがいがあった」と語る。

 仕事が気に入ったクオンさんは日本語学校をやめ、アルバイト先に就職した。雇った社長も「日本人の社員4~5人分の業務を簡単にこなすほど優秀だった」と振り返る。

ベトナムと収入に大差なく

 ただ、残業を目いっぱいしても月収は20万円をわずかに超える程度。近年は、ホーチミンや首都ハノイの経済発展が著しく、日本とベトナムで収入に大きな差はない。クオンさんにとって、慣れ親しんだ母国に帰るのは自然な流れだった。

経済発展が進むベトナム・ホーチミン市のマンション群(写真:AFP/アフロ)
経済発展が進むベトナム・ホーチミン市のマンション群(写真:AFP/アフロ)

 帰国から1年が過ぎた頃、転機が訪れる。英国企業からヘッドハントされたのだ。思わぬ好待遇を提示され、「いつか大企業の一員として戻ることも考えた」という日本は、選択肢から消えた。

 厚生労働省によると、日本で働いている外国人は20年10月時点で約172万4000人。国籍別ではベトナムが中国を抜いて最も多く、全体の約4分の1を占めた。

 ただ、ベトナム人の間にも今では日本を敬遠する動きが広がっている。クオンさんは言う。「日本は貧しい人たちの出稼ぎ先にすぎず、周囲では中国で働きたい友人が増えている」。人材獲得競争の中で、報酬に魅力のない日本企業は、海外の高度人材からそっぽを向かれかねないという厳しい現実を示している。

次ページ 「ゆでガエル」はごめんだ