三菱重工業傘下の三菱航空機(愛知県豊山町)が、国産旅客機「三菱スペースジェット(MSJ)」の開発凍結を表明して約2年が経過した。三菱重工経営陣から開発再開の条件など明確な説明はなく、航空業界でも話題から遠ざかっている。ライバルのブラジル・エンブラエルは海外市場のみならず、おひざ元の日本でも顧客の切り崩しにかかっている。三菱航空機はなすすべもなく立ち往生したまま。国も新たな基幹産業として国産ジェット機の旗を振ってきただけに、今後の方向性について説明責任が求められる。

 「(座席数100〜150席以下の)リージョナル機の市場回復は遅れている。環境を見ながら判断する」。11月1日、2022年4〜9月期の連結決算発表の席上、三菱重工の泉沢清次社長の歯切れはいつにも増して悪かった。

 泉沢社長が20年10月、MSJの開発について「一旦立ち止まる」と表明して約2年が過ぎた。この間、米国にある飛行試験拠点「モーゼスレイク・フライトテスト・センター」は22年3月末で閉鎖。米国で飛行試験を行っていた4機の飛行試験機うち、3号機の登録は3月で抹消され、機体は解体された。

 三菱航空機は3期連続で負債が資産を上回る債務超過となり、その額は22年3月期末で5647億円。財務問題が解消するめどはたっていない。

泉沢社長はMSJの事業の行方について「マーケットの機が熟していない」と述べた(写真:吉川忠行)
泉沢社長はMSJの事業の行方について「マーケットの機が熟していない」と述べた(写真:吉川忠行)

開発再開の先行き見えず

 これまで明言を避け続けてきた開発の見通しについて、泉沢社長はこの日も「まだマーケットの機が熟していない。(市場環境との)相克の中で事業を検討している」という曖昧な表現に終止した。確かにリージョナル機の市場は新型コロナウイルス禍からの病み上がりの途上だが、どこまで回復すれば再開の検討に入るのか、失った資産をどう取り戻すのかといった詳細の説明はなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1506文字 / 全文2253文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

2/22ウェビナー開催、ウクライナ侵攻から1年、日本経済「窮乏化」を阻止せよ

 2022年2月24日――。ロシアがウクライナに侵攻したこの日、私たちは「歴史の歯車」が逆回転する光景を目にしました。それから約1年、国際政治と世界経済の秩序が音を立てて崩壊しつつあります。  日経ビジネスLIVEは2月22日(水)19時から、「ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済『窮乏化』を阻止せよ」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、みずほ証券エクイティ調査部の小林俊介チーフエコノミストです。世界秩序の転換が日本経済、そして企業経営にどんな影響を及ぼすのか。経済分析のプロが展望を語ります。視聴者の皆様からの質問もお受けし、議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。 

■開催日:2023年2月22日(水)19:00~20:00(予定)
■テーマ:ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済「窮乏化」を阻止せよ
■講師:小林俊介氏(みずほ証券エクイティ調査部チーフエコノミスト)
■モデレーター:森 永輔(日経ビジネスシニアエディター)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(月額2500円、初月無料)

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。