連載最終回は、創業130周年の節目となった2020年にクボタのトップに就いた北尾裕一社長のインタビュー。北尾社長は自社の目指す姿について、水や環境、食料にまつわる社会課題の解決を提案するプラットフォーマーだとした上で、地上地下数メートルの世界ではグーグルを始めとする米国の巨大IT企業のGAFAには負けないと決意を語る。

(聞き手は 本誌編集長 磯貝 高行)

<span class="fontBold">北尾 裕一(きたお・ゆういち)氏</span><br />1956年兵庫県生まれ。79年東京大学工学部卒、久保田鉄工(現クボタ)に入社。一貫してトラクターの開発畑を歩み、2014年6月に取締役常務執行役員。取締役専務執行役員を経て19年に副社長に昇格し、機械事業本部長も兼ねる。同年6月イノベーションセンター所長。クボタにとって創業130周年の節目となった20年1月から現職。「六甲山と大阪湾が目に入らないと、どうも落ち着かない」と話す、根っからの関西人(写真:菅野勝男)
北尾 裕一(きたお・ゆういち)氏
1956年兵庫県生まれ。79年東京大学工学部卒、久保田鉄工(現クボタ)に入社。一貫してトラクターの開発畑を歩み、2014年6月に取締役常務執行役員。取締役専務執行役員を経て19年に副社長に昇格し、機械事業本部長も兼ねる。同年6月イノベーションセンター所長。クボタにとって創業130周年の節目となった20年1月から現職。「六甲山と大阪湾が目に入らないと、どうも落ち着かない」と話す、根っからの関西人(写真:菅野勝男)

成熟した国内市場における再成長のカギを握るのがスマート農業システムです。自動車でいう「CASE(つながる、自動運転、シェアリング、電動化)」のようなことが農機でも起きていると思いますが、ビジネスのあり方はどのように変わっていきますか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5067文字 / 全文5396文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

2/22ウェビナー開催、ウクライナ侵攻から1年、日本経済「窮乏化」を阻止せよ

 2022年2月24日――。ロシアがウクライナに侵攻したこの日、私たちは「歴史の歯車」が逆回転する光景を目にしました。それから約1年、国際政治と世界経済の秩序が音を立てて崩壊しつつあります。  日経ビジネスLIVEは2月22日(水)19時から、「ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済『窮乏化』を阻止せよ」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、みずほ証券エクイティ調査部の小林俊介チーフエコノミストです。世界秩序の転換が日本経済、そして企業経営にどんな影響を及ぼすのか。経済分析のプロが展望を語ります。視聴者の皆様からの質問もお受けし、議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。 

■開催日:2023年2月22日(水)19:00~20:00(予定)
■テーマ:ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済「窮乏化」を阻止せよ
■講師:小林俊介氏(みずほ証券エクイティ調査部チーフエコノミスト)
■モデレーター:森 永輔(日経ビジネスシニアエディター)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(月額2500円、初月無料)

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。